大企業×スタートアップの"結婚"オープンイノベーションの本質〜「IoTスタートアップSHOWCASE」

2015.10.14 16:30

10月8日、CEATEC・NEXTイノベーションエリアにて行われたパネルディスカッション「スタートアップの成長・イノベーション創出のために大企業ができること」。大企業とスタートアップによるオープンイノベーションは男性と女性の恋愛、ひいては結婚に似ているというランサーズ代表の秋好氏。両者のコミットメントが引き合わさって、イノベーションは初めて達成される。大手とベンチャー双方の立場のプレイヤーが語り合ったオープンイノベーションの本質とは?

世界的に見ても、UberやAirbnbといった新興企業がグローバルスケールで破壊的イノベーションを起こし、既存産業は根本的な事業の見直しや新規事業の創出を迫られている。
そのための方法論として、"オープンイノベーション"が大企業・スタートアップ双方から注目を浴びている。自社のリソースやアセットを閉じることなく、オープンにし、他者のそれと掛け合わせることで新たなサービス開発へと生み出すイノベーション手法である。

今回のパネルディスカッションではクラウドファンディングプラットフォーム・Makuakeを提供し、大企業・スタートアップ双方のプロダクト実現の支援をしているサイバーエージェント・クラウドファンディングCEOの中山亮太郎氏がモデレーターとして登壇。さらに大企業/ベンチャー双方からオープンイノベーション推進に従事するプレイヤー、進藤洋一郎氏(アサヒグループホールディングス)、伊地知天氏(Creww株式会社CEO)、秋好陽介氏(ランサーズ株式会社 代表取締役社長)、そして佐渡島隆平氏(セーフィー株式会社代表取締役社長)が実体験を踏まえて語り合った。

IMG_3544.JPG

■大企業が持つ危機感とアセット×ベンチャーが持つテクノロジーで、オープンイノベーションは生まれる

伊地知:
スタートアップや起業家の方たちをインフラとして支援していく環境を作り、大手企業とベンチャー企業の有益なマッチング を提供できるプラットフォームを目指して立ち上げたのがcrewwです。
現在、新規事業を創出するというのはどの企業にとっても命題になっていると思うのですが、自社に眠っている経営資源をスタートアップやITベンチャーとどれだけ組み合わせることができるのかということに挑戦しています。今までスタートアップから730件の提案がされていまして、その中で実現性のあるものだけが業務提携や資本提携といった形で進んでいきます。その採択が現在107件生まれているといった状況です。つまり1/7の確率でそういった協業を生み出すマッチングの仕組みを提供できています。
中山:
107件ですか、すごいですね。
伊地知:
サイトには1800社くらいのスタートアップが登録をしてくれています。僕らとしては大企業が持っている経営資源をスタートアップとうまくマッチングすることで、スタートアップが本来3年でたどり着かないといけないKPIを1年で達成するとか、大企業にとっては新規事業創出というところで、もっとITの力を使ってイノベーションを起こしていく。そういった座組で行っています。
秋好:
大企業さんと取り組ませていただく際は、主に3つのレベル感があります。まず一番多いのが、普通にサービスを使ってもらうということ。例えば、今日もCEATECで出展されているパナソニックさんの「LUMIX」のカメラのデザインの一部はランサーズで作られているんです。その次が事業提携ですね。最近だと、クレジットカードのAmerican Expressさんと組んで、フリーランサーのカードを作ってもらうという取り組みを行いました。そして最も濃いレベルが資本業務提携。これはKDDIさんとB向けの共同事業を作っていたり、人材会社のインテリジェンスさんと個人向けの取り組みを行っています。
中山:
佐渡島さんはスタートアップという立場から、今オープンイノベーションで取り組んでいることはありますか?
佐渡島:
実は私はもともと大企業側にいたんです。最初はソニーグループの中でプロトタイプまでは作っていました。やはりIoTというのは色んな人がつながり合っていくこと、まさしくオープンイノベーションでこそ新しいものが生まれるだろうということで、出資という形に切り替えてもらいました。
crewwさんと同様に、オリックスさんと業務提携を着実に進めています。オリックスさんが持っているマンションアセットや金融のノウハウと絡めてシナジーを生み出すことを企図しています。大企業の危機感とアセットを掛け算で我々の技術と組みわせることができたことが、一緒にできた決め手だと思います。

(SENSORSでは以前に佐渡島氏にインタビューを実施している:IoT時代の映像プラットフォーム「Safie」はライフスタイルをどう変えるか

■"金のなる木"に群がっていては、破壊的イノベーションの餌食になる

【登壇者 左より】進藤洋一郎氏(アサヒグループホールディングス)、伊地知天氏(Creww株式会社 Founder & CEO)、秋好陽介(ランサーズ株式会社代表取締役社長)、佐渡島隆平(セーフィー株式会社代表取締役社長)、中山亮太郎(サイバーエージェント・クラウドファンディング 代表取締役社長 CEO)

中山:
一方、大企業という視点から進藤さんの側でスタートアップと関係を持つ意味や、大企業からみてオープンイノベーションに思うことをお聞きできますか?
進藤:
ある程度歴史とサイズのある企業になってくると、事業ポートフォリオというものができてきて、効率を追求して"金のなる木"にみんな群がるんですね。金のなる木というのは当面は儲かるけれど、成長性は乏しい。そこだけに集中するというのは経営戦略的には持続できない戦略になります。そこで稼いだお金をどこに投資するのかを考えなければならないのに、またみんな金のなる木に集まってしまう。徐々にシュリンクしていってしまう事業とは別の領域で新事業を創出するためにもスタートアップの価値はすごく高いと思っています。
加えて、日本の大企業は人材流動性がすごく乏しいと思います。特に我々のような食品飲料産業ではそれが顕著です。
中山:
見方によっては良い会社ということですね...?
進藤:
環境の変化がない間はそれでもいいんですよね。阿吽の呼吸でしたいことやしてほしいことがお互いに分かりますから。しかし、テクノロジーが跳ねたり、人口動態に変化が訪れたときにみんな一斉にオロオロするんですよ。そのままでは破壊的イノベーションの典型的な餌食になってしまいます。
中山:
だったら組んでしまえと?
進藤:
そういうことですね。いずれにしても考えられるのは、長いこと鎖国をしていたせいで、すっかり後進国になっていたということ。それではまずいということで、出島というか特区のようなものを作って、異人の方に来てもらう。私のような人間が間に入って、本土の人たちに「この人たち怖くないよ」というのを伝えながら、徐々に本土に入れていくということですね。でないと、文明開化は起こりません。
中山:
トップ層の中でも出島を作っていかなければならないという空気感にここ1, 2年で変わってきているんですか?
進藤:
構造的で不可逆な動きだと分かってくると、もうやるかやらないかではなくて、やらなきゃいけませんよね。どうやるのかという議論に変わる。
伊地知:
進藤さんのような人は本当に必要ですよね。アントレプレナーと呼ばれる起業家側と大企業の中で変革を起こそうとするイントレプレナーと言われる人たちは全く別のスキルセットが必要なんですね。イントレプレナーがいないと大手企業とスタートアップって絶対に何もできない。なので、大きくチャレンジしたイントレプレナーを讃える制度や風土みたいなものがもう少し醸成されてくると、大企業とスタートアップももっと色々なことができると思います。
中山:
僕もそれはすごい思いますね。大企業の中で革命を起こしていくことはもっと讃えられるべきことですよね。チャレンジした人は大企業だろうと、ベンチャーだろうと応援されていく風潮になっていくと日本の大中小企業合わせてどんどん新しいものを生み出していけると思います。

■オープンイノベーションと結婚の類似性−鍵になるのは"コミットメント"

伊地知:
IoTで様々なものがインターネットにつながる時代においては、どうしても消費者行動が全く変わってきたということがあると思うんですね。テクノロジーを取り込んで新規事業を作っていかないことには、コンシューマーに合わせることができないくらいにスピードの速い構造変化が起きている。そういう意味では、非IT企業こそ本来スタートアップベンチャーと相性が良いのではないかと考えています。
秋好:
オープンイノベーションって"恋愛"に似ていると思うんですよね。男性と女性って「男はロジカル、女は感情」って言われるほどに違うじゃないですか。大企業とスタートアップも同じ法人とはいえ、考え方が全く異なります。恋愛でも自分のやりたいことだけを相手に押し付けても成就しませんよね。僕らベンチャー側は大企業の論理や意思決定フローを意識した上で相手が何を求めているのか考えますし、大企業の方もランサーズにとって良いことを優先してくれたりっていうのがベースにありますよね。
中山:
「大企業だから遅い」というステレオタイプ的な考えでやるんじゃなくて、歩み寄りでしっかりと理解するということですね。大企業側は資金繰りや株主に求められる成長スピードの度合いをちゃんと理解してやっていくことで、うまい結婚ができるんじゃないかと。
秋好:
あと、いきなり結婚する人っていませんよね。普通は付き合ってから結婚します。例えば、インテリジェンスさんともまず付き合ってから結婚したんです。どういうことかというと、資本業務提携をいきなりするのではなく、まず小さく業務提携しました。派遣ビジネスとクラウドソーシングを融合させた"ハイブリッドクラウドソーシング"というサービスを一緒に作って、「僕たち付き合えるかな?」ということで一年ほど一緒にやったあとで、資本業務提携に踏む込むというステップを取ったんですね。
中山:
結婚したあとは、事業は加速していくものですか?
秋好:
結婚するときに期待値調整をすごくしました。「僕たちはここまでコミットします。大企業さんもここまでコミットしてください」と共通のゴールを見える範囲で描いた上で、それをコミットメントでやる。「なんとなくやろうね」じゃなくて、いつまでに家を買って、子供は二人でとかっていうのをちゃんと決めたんです(笑)

■IoT、ハードウェア・スタートアップの台頭−日本ならではのオープンイノベーションの可能性

ここ1, 2年の動向としてソニーや日産が支援するベンチャー投資ファンド「WiL(ウィル)」、UNIVERSALが家電メーカーamadanaと組んで開発したスピーカー、最近話題になったIoTプロダクト「まごチャンネル」などハードウェアプロダクトに関する話題が多い。

佐渡島:
ソフトウェアとハードウェアの垣根がなくなってきています。資金力で考えると、ベンチャーがいきなりハードウェアをたくさん作ることはできないので、そういう意味でハードとソフトをブリッジしていくのはやりやすいですね。
伊地知:
ここ1, 2年肌感でハードウェア・デバイスの需要と供給が上がってきていると感じます。最近ではハードウェア・スタートアップに特化したファンドやメディアがどんどん立ち上がっているので、そういうものが出てきやすい環境は整ってきていますよね。
中山:
ハードウェアのVCがやっぱり重要だと感じていて、最初のリスクマネーをドンと投入する形でいうと、日本ではまだまだ実績が少ないですよね。一方で、日本ならではと思うのがハードウェア大手がここまで一斉に揃っている国は世界でも稀有だということ。スタートアップの初期投資を大企業メーカーさんが捻出するということも可能ですよね。VCではなくコーポレイトからお金とノウハウを支援してもらいながらスタートアップが成長していくというのも今後の潮流としてありそうですね。
伊地知:
IoTの流れが加速していくのと同時に、オープンイノベーションも加速しています。それが、一つの合理的なソリューションだと捉えられているのが世界のマクロトレンドです。日本においても面白いスタートアップはたくさんいるので、今後大企業とオープンイノベーションを組むことでイノベーション溢れる社会を実現させていきたいですね。

シリコンバレーと比較したとき、よく引き合いに出される日本のベンチャー投資の規模の小ささ。たしかに米国と比べればまだまだ国内ベンチャーキャピタルは未成熟かもしれない。
ただし、今のIoTが活況な市場において必要なのは必ずしもVCからの支援という形に限られないはずである。中山氏が言うように、日本には世界的なハードウェアメーカーが多数存在している。そんな彼らもゲームチェンジの岐路に立たされている最中、イノベーションのジレンマから脱却するための有効な手段の一つに"オープンイノベーション"があることは間違いない。"結婚"のあり方がグローバル/ナショナルで様々あるように、日本におけるオープンイノベーションのあり方もより活発に議論と実行がなされることを望みたい。

取材・文:長谷川リョー

1990年生まれ。フリーライター。これまで『週刊プレイボーイ』『GQ JAPAN』WEBなどで執筆。「BOSCA」編集長。東京大学大学院学際情報学府在籍。
Twitter:@_ryh

最新記事