灰色ハイジら企画のプロが挑む空間の再定義~Transight 事業創造会議

2016.03.10 12:00

国内外の広告クリエイティブの世界で活躍する電通、monopo、サン・アド、カヤック、スパイスボックス、PARABORA/太陽企画の6チームが集結。2月23日、amidusが主催するBusiness Design Programの第一弾として「Transight 事業創造会議」が開催された。「Transight」とは空間ごとのレイアウトが可能なモジュラーシステムのこと。企画チーム、技術サプライヤー、協業パートナーの三者が協働して店舗・住宅・オフィス空間における「Transight」を使った事業企画を考えるアイディアソンにSENSORSクルー・灰色ハイジも参加。冷蔵庫・医療・テトリス?企画のプロ達が「Transight」を使って挑んだ空間の再定義とは。 【Sponsored by 株式会社デザインアーク】

SENSORSクルーとしてアイディアソンに参加した、インタラクティブプランナーの灰色ハイジ。テーマ商材である「Transight」と共に。

インテリア・建材・オフィス・レンタルという4つの事業で空間創造を手がけてきた「デザインアーク」。アイディアソンの前日に行われた事業戦略発表会で「Transight」はお披露目された。開発の背景についてはデザインアーク、amidusそれぞれの仕掛け人達にインタビューを行った記事をご覧いただきたい。

最近開催されることが増えているアイディアソンだが、amidusが主催する「Business Design Program」がユニークなのは"Transight"というプラットフォームを提供した上で、その中身に特化してアイデアを発想してもらうというものだ。企画チーム、技術サプライヤー、協業パートナーの三者が一体となって共創することで事業化の可能性も高まるのではという仮説の元、今回のアイディアソンには広告業界のプロフェッショナル達が集結。

企画趣旨を説明する主催のamidus代表・田淵淳也氏

モノを作ってから広告するのではなく、「作りながら・伝えながら・売りながら」というふうに3つの"ながら"をグルグル回していくことが、変化の早いユーザーニーズを掴むプロダクトを開発する鍵になるのではなかとamidus代表の田淵淳也氏は語る。

【技術サプライヤー一覧】(左:企業名)(右:提供商品/技術)
1. インテル株式会社(Wireless ChargerReal Sense
2. ノバルス株式会社(IoT乾電池「Mabeee」
3. 大和ハウス工業株式会社(住宅API
4. 余合ホーム&モビリティ株式会社(Transight(プラットフォーム)
5. 株式会社NTTドコモ(API(シナリオ対話/雑談対話/画像認識)
6. 株式会社カブク(rinkak
7. オーラス株式会社(特殊ガラス「INTELUX」
8. 旭硝子株式会社(内装壁面用カラーガラス 「ラコベル プリュム」
9. コイズミ照明株式会社(光空間の創造サービス
10. 共栄エンジニアリング株式会社(音響技術「cear」
11. PUX株式会社(Web API(顔検出/顔認識/オブジェクト認識/オンライン手書き文字認識)
12. 株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所(Squama(スクアマ)
13. 株式会社ハタプロ(車載IoTデバイス Flagle(フラグル)

■「Transight」で冷蔵庫・医療・ショッピングを変革する

企画チームとして参加したのは電通、monopo、サン・アド、カヤック、スパイスボックス、太陽企画/PARABOLAの6社。まず始めに、各チームが事前に企画してきた、店舗・住宅・オフィス空間における「Transight」が使われている商品・サービス・事業アイデアのプレゼンテーションが行われた。イベントの後半には異なるお題が発表され、即興で企画を作り上げるアイディアソンも行われた。

電通チーム「THERMO CLOSET」

江畑 潤
(電通):
私たちが提案する「サーモクローゼット」は冷蔵庫のない住宅空間を実現するアイデアです。ペルチェ素子という温度調節ができる半導体を用いることで、温めたり、冷ましたりを自在に行うことができます。今まで体積が大きく住空間を圧迫していた冷蔵庫ですが、ユニットを空間にインストールすることで冷蔵庫のないライフスタイルを提案。さらにIoT技術を使っているので、遠隔で操作が可能です。例えば、会社帰りにシャンパンが入ったシェルフを冷やしておくことで、帰宅後にキンキンに冷えた状態で味わうこともできます。

monopo「Dr. BOX」

佐々木 芳幸
(monopo):
「Dr. BOX」は病院で「Transight」を使うアイデアです。病院には医者、ナース、薬剤師とあらゆる専門家が混在していて、薬剤やカルテなどがバラバラに配置されているという課題があると感じました。「Dr. BOX」を設置することで、カルテの更新や診療スケジュールのタイミングの管理および薬剤投与の指示のコミュニケーションといったものを全てデジタル化することができます。デジタルとアナログのコミュニケーションを統合することで医療ミスや薬剤投与のミスを防げると思いますし、患者さんの状況に応じて全ての機関が最適化され、スピーディーに行動ができるようになるかもしれません。

カヤック「SHOPGRAM」

中農 稔
(カヤック):
「SHOPGRAM」のコンセプトは「カタログがインテリアになる」です。バッグやアクセサリー、さらには盆栽などの商品がTransight上でホログラムとして浮かび上がるんですね。出品者(お店の人)が商品をアップするとクラウド経由でエンドユーザーの元に配信される仕組みです。エンドユーザーは欲しいけどなかなか手の出せない憧れのものをインテリアとして飾ったり、実際に購入することも可能。ゆくゆくはユーザーも商品を出品できるようにして、一種のバーチャルフリマのようなものも実現できるのかもしれません。

■即興の企画で生まれたアイデア:テトリス、オフィスに放課後、子供のエネルギーを電力に

イベントの後半では「働いている人にとって新しい価値を生むような」オフィス環境の改善を「Transight」で行うためのアイデアというお題の元、6チームがそれぞれ即興で企画を練り上げプレゼンテーション実施。ブレストの過程もオープンにされ、会場の来場者や技術サプライヤーにとってはクリエイターの思考プロセスに触れる機会にもなった。

スパイスボックス「TETRI-SIGHT」

即興で作ったテトリスのモックも披露された。

富川 岳
(スパイスボックス):
オフィスと言えば長時間同じ場所に固定されていることで、社員間のコミュニケーションも停滞しますし、健康にも良くないという課題があります。「Transight」にオムニホイールを搭載し、自由に動かせるようにすることで、AIが自動的に都度最適なレイアウトに変更していきます。18時を過ぎると、社長が「Transight」と連動したテトリスを開始。社長がピコピコとデスクを動かすことで、残業者を減らせるのではないかという狙いです。

サン・アド「うちの会社には放課後があります。」

島田陽介
(サン・アド):
会社(オフィス)にも子供がいてもいいのではないかという着想から考えたアイデアです。9時から17時までは通常のオフィスアワーで、17-20時にちょっとした放課後の時間を作る。例えば、児童館から帰ってきた子供が親の近くで一緒にいながら仕事しているような、"半分家"みたいな空間。子供も大人が働く姿を間近に見れますし、お互いにとって良い場になるのではないでしょうか。

PARABORA/太陽企画「子供のエネルギーをオフィスの電気へ。」

村松 真緒
(PARABORA/太陽企画):
お父さんお母さんの職場に壁が全て「Transight」の保育所を併設しませんかというアイデアです。壁面がクリアになっているので子供の姿が見えますし、子供が遊んでくれるとそのエネルギーが蓄電される仕組みになっています。小さな電力ではあるのですが、会社の電力としてエネルギーループさせたら面白のではないかと思います。

■ビジネス開発にクリエイターのポテンシャルをいかに活かせるか

もともと広告業界に身を置いていた田淵氏は、事業会社側がクリエイターの持つクリエイティビティのポテンシャルをより有効活用し、事業開発に生かすべきだと提言する。今回の「Transight」を使った事業創造の取り組みにクリエイターを招集した理由の一つもそうした課題意識があったのだとか。イベントの途中では各チームからクリエイターが参加し、クリエイターの定義、ビジネス創造へのポテンシャルが語られた。

各チームの代表者が登壇したトークセッション「クリエイターとは?」

ーー今回我々はこのように企画をプレゼンできる場を設けたわけですが、今後皆さんがやられているクリエイティブの価値をどのように発信していくべきだと考えていますか?

藤崎 克也
(PARABORA/太陽企画):
広告業界に20年身を置いている中で、どうしても映像制作が頭に浮かんでしまいがちです。しかし、最近は映像というか形にこだわらず、課題を解決することに注力をしています。
小原 淳平
(サン・アド):
100mを走るのがめちゃくちゃ速い奴がいるとか、すごい特殊技能を持った人がたくさん集まって、その掛け合わせで何か楽しいことが生まれると思うんです。広告もその一つだと思うのですが、今回のamidusさんの取り組みのように、それをオープンにして人が集まれるスキームを今後作れるといいかなと思います。
佐々木 芳幸
(monopo):
実際に手を動かしているエンジニアやデザイナーが上流というか、一番最初のコンセプトメイクや課題設定のところに入っていくことで可能性が広がると感じています。他にもイラストレーターやミュージシャンといったクリエイターも巻き込んでビジネスを作れる機会が作れたら何か面白いことが起きるのではないでしょうか。

電通チームの一員としてアイディアソンに参加した灰色ハイジ。

君塚 史高
(カヤック):
クリエイティブに関していうと、現在はプロとアマの境がなくなりつつあります。これまでアーティストにしか求められていなかった"作家性"のようなものをクリエイターももっと打ち出したり、発注者の側もそういうところをみて判断材料にすると良いかもしれません。
富川 岳
(スパイスボックス):
ハッカソンのような異業種が混ざる機会を増やすことがまず一つあると思います。そして今後は会社というよりは一人一人が"個"として働いていくような時代になると思うので、クリエイターも個としてバラけ、様々な領域に顔を出していくべきだと思いますね。

「世に出たとき、どうユーザーとコミュニケーションをとるのかという部分を最初から逆算して考えながらアイデアを作っていくのが面白い取り組みだと思いました」とアイディアソンに参加した灰色ハイジは感想を述べる。
スペックの更新だけではユーザーのニーズが捉えられなくなった今、あらゆる業界のメーカーはクリエイターの創造性を必要としている。"オープンイノベーション"という言葉がもてはやされているが、今後クリエイターがそのキープレイヤーになる可能性は高い。この日に生まれたアイデアを実体化させるべく、「Transight」の挑戦は今スタートを切ったばかりだ。

取材・文:長谷川リョー

SENSORS Senior Editor
1990年生まれ。『SENSORS』や『WIRED.jp』などで編集者/ライター。これまで『週刊プレイボーイ』『GQ JAPAN』WEBなどで執筆。東京大学大学院学際情報学府にてメディア論を研究。最近は「人工知能」にアンテナを張っています。将来の夢は馬主になることです。
Twitter:@_ryh


写真:延原優樹

最新記事