東京の音楽シーンを支える映像作家 dutch_tokyoに聞いた「いまを生きる」若手ミュージシャンの肖像とは

2016.08.18 12:30

Suchmos、篠崎愛などSENSORSでも取り上げた新進気鋭の音楽アーティストのMVを担っている映像作家がいることをご存知だろうか。弱冠24歳の映像作家dutch_tokyoこと山田健人氏は、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの人気アーティストSuchmosが結成間もない頃から彼らのMVやwebサイトなどを手がけてきた。自身もyahyelというバンドでライブパフォーマンスにおける映像を担当し、先日高橋幸宏が率いるMETAFIVEと共演、7月22日から行われたFUJI ROCK FESTIVAL '16にも出演した。知る人ぞ知る若手映像作家へのインタビューから、少しずつ盛り上がりを見せる東京の若手アーティストたちの表現に対する共通の考え方が見えてきた。

20代前半の東京を中心に活動する若手アーティストたちの中で、絶大の信頼を置かれている映像作家である山田氏は、現在慶應義塾大学メディアデザイン研究科に通い、デザイン思考を学ぶ大学院生でもある。学部生のころは大学の体育会に所属し、その中でももっとも厳しいと言われるアメフト部のスタッフとして活動する傍ら、映像という表現手段にのめり込んでいったという。

dutch_tokyoこと山田健人氏

◼︎音楽と映像で畑は違うけど「面白いものを作る面白い人間だ」という認識を共有している

--Suchmosや篠崎愛の他にもtempalay、umber session tribeやYogee New Wavesなど、東京のバンドシーンで今着実に頭角を現しているミュージシャンたちのMVを年間で20本近くも手がけていらっしゃいますよね。しかもほぼそれらを撮影から編集まで一人でやられているとお聞きしました。そこまで映像を作ることのモチベーションが持続する秘訣があるのでしょうか。

山田:
もともとものづくりがとても好きで、中学生のころから自分で一からプログラミングをしてゲームを作って友達と一緒に遊ぶということをしていました。映像を初めて作ったのも高校生のころで、そのまま大学では体育会に入りながらも少しずつ作り続けていたことで、ない時間を作り出す術を体に教え込むことができたというのが、今の映像の仕事をやっている体力につながっていると思います。
yahyel Once MV

自身が所属する"国境なき音楽集団"yahyelのライブパフォーマンスでは映像担当としてステージに上がる。

VJとして繰り出す映像によって従来の音楽ライブの常識を超えた体験を生み出す試みを行っている。
彼らのライブは必見だ。
Photo by Shun Komiyama

--映像にのめり込むに至った魅力があるのでしょうか。

山田:
僕たちより少し上の世代から、映像は生まれた時から周りにたくさんあるものなので、特別なものという意識は特になくて、映像にこんなすごい力がある!と思ったことは実はあまりないですね。逆にだからこそ、作る楽しさの方にハマったのかもしれない。僕たちの世代は映像をパソコン一つで作れるようになったという変化があると思います。そこにカメラとパソコンがあるから何か映像を撮るか、くらいの気持ちで、最初は遊びの一環として作っていたものが、いろいろな人から頼まれて撮るようになっていきました。

--「映像を撮るならdutchに頼む」という雰囲気が出来上がっているんですね。

山田:
お互いに音楽と映像で畑は違うけど、面白いものを作る面白い人間だ、という認識を共有しているんだと思います。人が作って伝えるものという意味では、音楽も映像も写真も絵もビジネスも同じ。人間として波長があうことが前提にある。もちろん自分自身に実力があるとは思ったことはないし、向こうも最初から売れていたわけではなくて、ただ気の合う仲間と一緒に遊んでいるということの延長線上に音楽や映像の作品作りがあるんです。これを使ってお金を儲けようという気持ちは全くなかったですね。

◼︎置かれている環境をフルに生かして、決して甘えることなくやりたいことをやる

--以前SENSORSで行ったSuchmosのインタビューでも、「自分たちがやりたいと思った音楽をひたすら出し続けていたら、いいと思った人がリアクションを起こしてくれる」ということを言っていました。これは山田さんを取り巻く同世代のアーティストの特徴と言えるのでしょうか。

山田:
「自分たちがいいと思った人と一緒に何かする」ということに関しては、今も昔も全く変わってないと思う。今大御所と呼ばれているような人たちが、若い頃からつるんでいたという話はよくあるし、人間的に仲が悪くて作品作りはできない。ただ変わったことといえば、全部自分たちだけで完結できる状況が出てきたことが大きいのかもしれないな、と思うことはあります。少し前まで何かものを作って世に出すためには、専門的な人がいて、機材を使うお金が高いという制約があったけど、今は知識に関しては検索すれば出てくるし、機材もかなり安くなっているし、若い世代だけでも簡単に手を出せるようになっている。CD作るハードルも低いし、もはや音源さえ録れればSoundcloudにあげて一つの発表の形とすることも出来るようになった。そういう状況の変化が、「バンドで生活していく」っていう形よりも、「いいものを作ろう」という中身への意識が強い人が集まってくることに繋がっているんだと思います。そうやって集まった仲間内の空気感のまま、作品を作ってどんどん出していくことができていると言う意味では、恵まれていると思いますね。
Suchmos "STAY TUNE" MV
dutchとして担当したSuchmosのMV。結成当初から交流があるという。

--「仲間内の空気感」というキーワードに表される雰囲気が、山田さんの作られているMVなどからもひしひしと感じられます。現在の若い世代にもそれが届いて評価されるようになったのかもしれませんね。

山田:
それが同じ空気感に共感してくれる人のところへ届いて評価されていくという状況は嬉しいですし、感覚として心地いいですよね。もちろん、評価されているから偉いとか、俺たちがナンバーワンだという気分になることは違うと思っています。それぞれの時代にそれぞれの価値観があって、どっちが偉いとかそういうことはない。一方で、生まれた場所や、自分を取り巻いている環境、過ごしてきた時間や寿命という絶対的なものは確実にあると思っています。同じ時代でも、アフリカではパソコンに触ったことがないような同世代もいる。僕たちはたまたま目の前にパソコンがあって、カメラがあって、比較的恵まれた環境に生まれた。だからこそやりたいことがあったら、それをやる義務がある。「いま、ここ」ではないどこかを夢見て想いを馳せるというよりは、置かれている環境をフルに生かして、決して甘えることなくやりたいことをやる。僕に関して言えば、映像は独学で後ろ盾になるような師匠もいないし、表現の分野で評価されなくなったら終わり、という感覚を強く持っているので、本気でいまを生きるということの連続になる。周りのミュージシャン仲間も、同じことを考えて生きていると感じます。

いまでは「マインドフルネス」として広く知られるようになった思考方法として、いまこの瞬間に意識を集中し、自分を客観的に見つめることで次に進むべき道とその手立てを導き出すものがある。
禅の思想にヒントを得たこの思考方法は、身の危険を顧みず大技に挑戦するスケートボーダーのスタンスに通底するものがあり、山田氏自身もそういった思想から影響を受けているというように語っていた。
スマホゲームやSNSの普及、常時つながり「いま、ここ」ではないどこかへと逃避する手段が日常のそこかしこで選択できるようになった現代において、自分の置かれている状況を見つめ「いまを生きる」ことを追究し続けるアーティストたちがいるということ。そしてそういった姿勢が同世代の若者の強い憧れを生み、多くの人に求められることとなっているのかもしれない。

取材・文:兵藤 友哉

1995年生まれ。フリーライター。早稲田大学文化構想学部表象メディア論系在籍。専らの興味は「メディアテクノロジーの進歩による人間の認知の更新」。SENSORSでは「VR」「ドローン」の記事を担当。
Twitter @do_do_tom

最新記事