良い記事を後世に残すために--立ち上げメンバーが語る「ハイパーリンクチャレンジ2015」が生まれたきっかけ

2016.02.22 13:00

各人が1年を通じて「これは一番面白かった」と思うWeb記事を紹介しながら、次の人へバトンを渡し、最も輝いていたWebコンテンツを決めるアワード「ハイパーリンクチャレンジ2015 ※リンク先は結果発表ページ」。ありそうでなかったこの企画を立ち上げたのは、それぞれがライターもしくは編集者としてWebコンテンツの制作で活躍する藤村能光氏(サイボウズ式)、佐藤慶一氏(現代ビジネス)長谷川賢人氏(北欧、暮らしの道具店)、鳥井弘文氏(灯台もと暮らし)の四氏だ。この四氏にアワードの結果を振り返りつつ、今後のWebメディアの展望を語って頂いた。

このメンバーで新宿のとある居酒屋で飲んでいて、盛り上がったことがきっかけで発案されたという「ハイパーリンクチャレンジ2015」には一つの明確な問題意識がある。
「なぜWebコンテンツには、アワードは存在しないのか?」というものだ。 居酒屋での談義のあと、その翌朝には長谷川氏が書き上げていたという企画の開催趣旨には次のような言葉が綴られている。

現状ではウェブメディアに対するアワードがない。しかし、作り手は日々葛藤しながら多くのコンテンツを作り出している。それらが時代の流れに乗って刹那的に消費されるだけではなく、その年ごとの記録を残すことで、資料的価値を持たせる(映画の「日本アカデミー賞」、ユーキャンの「流行語大賞」、書店員が決める「本屋大賞」をあわせもったイメージ)。

企画概要の詳細については鳥井氏のブログを参照してほしい。

日々膨大に消費されるWebコンテンツのうち、価値あるものの作者は報われるべきであるし、後世にも残しておきたい。企画サブタイトルの「孫まで届け」には孫正義さんまで参加してくれたら嬉しい、孫の代まで読まれていきたい、参加していただいた方に"ソン"はさせないという気持ちが込められているのだとか。

【左から】藤村能光氏(サイボウズ式)、佐藤慶一氏(現代ビジネス)長谷川賢人氏(北欧、暮らしの道具店)、鳥井弘文氏(灯台もと暮らし)

■コンテンツの消費速度が加速する中、改めてWebコンテンツの"質"や"価値"を問いたかった

もともとトークイベントを介して知り合いだった藤村氏と長谷川氏が、コンテンツ論を語り合うべく、飲み会の席に誘ったのが佐藤氏と鳥井氏だった。この発案の元になった飲み会では、キュレーションメディアについて語り合う延長線上で、「Webコンテンツのアワードをやるべきだ」という話になったそうだ。
翌日には長谷川氏が企画の叩きをまとめ、鳥井氏のブログから実際に企画が始動した。日頃、自身がWeb業界に身を置く彼らはそれぞれ企画を始めるにあたってどのような課題意識を抱えていたのだろうか。

鳥井:
ウェブメディアの1年を振り返る話をしていた中で、今年(2015年時点)はコンテンツの価値が見直された一年だったよねという話になりました。この企画を通じて面白かったWebコンテンツを思い出してもらって、「Webコンテンツも意外と面白い。アーカイブとして価値のあるものも多いんだ」ということに気づいてもらえたらうれしいなという気持ちはありましたね。
佐藤:
ニュースアプリやSNSを通じて、毎日新しい情報が届けられます。それこそ情報が爆発している時代なので、読んだものを忘れてしまうスピードが高まっている。これはすごくもったいないことだと思っていて、それを一度思い出せる機会は貴重だと思います。Web以外の媒体には各種アワードがあるのに対し、Webにはない。Webって紙よりも色んな表現があるはずなのに、なかなかスポットライトが当たっていないという課題意識がありました。

藤村能光氏が編集長を務める「サイボウズ式」は「新しい価値を生み出すチーム」のための、コラボレーションとITの情報サイト。

藤村:
1点目は佐藤さんと同様に「コンテンツの消費速度が速すぎる」と感じていたこと。その時々で、自分の人生を左右した記事があるのに、それが思い出されないというのは悔しい。「良いものはいつまでも残しておきたい」という気持ちは強くありました。

長谷川賢人氏が編集チームに所属する「北欧、暮らしの道具店」。北欧のライフスタイルにインスパイアされ、そのスタイルの本質を自分たちらしく表現した雑貨などを取り扱うECサイトでありながら、読み物も充実している。

長谷川:
僕は前職のウェブメディアから転職をしたことが自分の価値観を問い直すきっかけになっているかもしれません。以前まではニュースアプリにいかに載るかを大事に考える面もあったのですが、「北欧、暮らしの道具店」(クラシコム)に転職してからは"質"や"価値"を再考しています。昨今メディアが激増したことで、コンテンツの流通量も増えました。総体としてのコンテンツが薄くなったように見える一方で、ここにいる四人が作っているようなコンテンツは、手をかけて作り込むものが多いんですよね。なので、自分たちのコンテンツが溺れないようにしたいという、未来を見据えた戦略的な狙いも一つありました。

■ハイパーリンクチャレンジを通じて浮かび上がった、美容師クラスタ層の厚さ

昨年11月27日から12月20日までの約一ヶ月の間で310件のエントリーがあったという。推薦する記事に加え、自分が書いた記事も紹介するため、単純計算で620記事分が票として集まった。
企画が始まり、バトンが着々と回されていく中で、主催メンバーの印象に残る出来事がいくつかあったという。その一つが、ちょうど企画が始まってから一週間が経過し、周りに伺いを立てたり、知人を優先して紹介するようなムードがにわかに立ち込め始めていた矢先に長谷川氏の目に止まったツイート。はせおやさい氏による次のものだ。


藤村氏が印象に残っている出来事として挙げたのは、美容師の木村直人さんにバトンが回って以降、美容師の界隈で一気にバトンが拡散したことだった。

藤村:
自分の仕事柄、Web編集以外の世界から目がすごく離れてしまいがちです。美容師の方々の間で広まっている様子を見て、自分の知らないブログ圏があることを知ったのは予想外の出来事でした。

事実、最多得票を獲得したのは木村直人さんがPOOL MAGAZINE(プールマガジン)に寄稿した「単純に考えて「毎日やってる人」にちょこっとやったくらいで勝てるわけないだろう。という話」という実体験に基づいた記事だ。
メディア別の得票結果でも「POOL MAGAZINE」は3位にランクイン。1位は「オモコロ」、2位は「デイリーポータルZ」だった。どちらもWebメディアとして10年以上運営され、ファンも多い王道中の王道。この結果を審査員はどう見たのか。

鳥井:
先日、ジモコロの編集長・徳谷柿次郎さんとお会いした際に、こんなことを言っていました。「(オモコロの人気ライター)ヨッピーさんも、ARuFa君ももう10年選手なんだよね」と。つまりWebでウケる企画を何年にもわたって、寝食を忘れ作ってきている人たちなので、そう簡単に勝てるわけがない。本当にその通りだと思うんです。こうした媒体が記憶に残るコンテンツを作って、それが選ばれているのはとても正しいというか、至極真っ当な結果だなと思います。

■審査メンバーが選ぶベストメディア:「ポリタス」「デイリーポータルZ」「ほぼ日刊イトイ新聞」「くらしのきほん」

ーー主観で構わないのですが、上記で選出されたメディア以外に、昨年一番よく目にしたメディアはありますか?

ジャーナリストの津田大介氏が運営するオンラインの政治メディア「ポリタス」。高橋源一郎氏が寄稿した記事「死者と生きる未来」はハイパーリンクチャレンジでも挙げられた。

佐藤:
僕は「ポリタス」ですね。書き手にWeb専業の人があまりいなく、タイトルに一つも煽りがない。Webはどうしても「笑い」という感情に関するコンテンツが多いと思うのですが、ポリタスはジーンとくるとか、思わず考えてしまうとか、笑いとは別の感情を揺さぶられるんですね。「紙の人が本気で書く記事はやっぱりすごい」と実感させてくれる貴重なメディアだと思います。
長谷川:
最近になってやっぱり「デイリーポータルZ」が面白い気がします。編集長の林雄司さんはビジョンも示せるし、自身が書き手としてとても面白いのもあって、全体に「デイリーポータルZらしさ」が保たれているのも大きいですね。いち読者としても「この記事はデイリーポータルZだな」と認知して読まされてしまうのも、メディアが増えた現状を考えると強みです。メディアが勃興しコンテンツが薄まっていく中で、延々と我流のラーメンを出し続けるみたいな確かさがある。そのスタンスを変えないのもすごく良いと思うし、やっぱり手がかかっている分、絶対に見てしまうライターさんやコンテンツがあるんですよね。

長谷川氏が必ず読んでしまうコンテンツとして挙げた、『デイリーポータルZ』の平坂寛氏による記事。長谷川氏いわく「自分が絶対に知らない魚を釣って、食べて、教えてくれるだけで、人生が広がった気になる」。(写真は「深海魚「サケガシラ」を食べた」より)

藤村:
僕は「ほぼ日刊イトイ新聞」ですね。自分たちが伝えたいことをしっかりと伝えているメディアって稀有だと思うんです。特にオウンドメディアをマーケティングファーストな文脈で雰囲気が漂っている中で、自分たちにとって価値があると思うものだけを発信し続ける。そこにメディアの神髄がある気がしています。あまりほぼ日のことを挙げている人はいなかったですが、自分自身すごく影響を受けていますし、メディアの中でも歴史を作ってきた気がしますね。
鳥井:
僕は「くらしのきほん」。サイトが公開される前はは「暮らし系雑誌の帝王ここに現る」みたいな感じでドーンといくのかと思っていました。しかし、いざ蓋を開けてみると、一個ずつ丁寧に丁寧に作っていて、試行錯誤している感じもすごく伝わってくる。完成品を出すのではなく、徐々に変化させていく過程がすごくWeb的だなと思います。ながらく紙の雑誌を作ってきた松浦弥太郎さんが一瞬でWebの特性を掴んできている。そんな意味でも、くらしのきほんは今後も注目していきたいウェブメディアです。

後編「立ち上げメンバーが語る、Webメディアにおける"属人性"」では、メディアの属人性の重要性が増していく一方、広告や情報の流通経路に変化が起きつつあることが語られる。今話題のnote課金の話や、「ハイパーリンクチャレンジ」の総括から2016年以降のメディア動向を探っていく。

取材・文:長谷川リョー

SENSORS Senior Editor
1990年生まれ。『SENSORS』や『WIRED.jp』などで編集者/ライター。これまで『週刊プレイボーイ』『GQ JAPAN』WEBなどで執筆。東京大学大学院学際情報学府にてメディア論を研究。最近は「人工知能」にアンテナを張っています。将来の夢は馬主になることです。
Twitter:@_ryh

聞き手:市來孝人

SENSORS Managing Editor
PR会社勤務ののち、かねてより旅行でよく訪れていたロサンゼルスに在住。帰国後、福岡やシンガポールのラジオDJ、東京でのMC・ナレーター、ライターとして等の活動を経てメディアプランナーとして活動中。また、タレント・企業トップなど個人に特化したPR・ブランディングにも携わっている。

Twitter:@takato_ichiki
Instagram:@takatoichiki

最新記事