「チューできるのが家族。」糸井重里が犬と猫と人間をつなぐ『ドコノコ』

2016.07.06 08:00

コピーライターでwebサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』主宰の糸井重里氏が犬や猫と人間が仲良くなるためのアプリ『ドコノコ』をリリースした。犬や猫の写真にちょっとコメントをつけて、自分の「本」を作り上げるように育てていける楽しみと、ご近所登録できるので近くに住んでいる飼い犬・猫や野良の子とも仲良くなれる仕組みが売りだ。迷子探しのときにも役立つらしい。2年もの歳月をかけたという渾身のアプリの背景と開発意図を取材した。

itoi-san.jpg

犬・猫と人間がつながるアプリ『ドコノコ』企画・監修の糸井重里氏

■「チューをされてもいいのが家族」。ペットは家族です。

筆者の家には猫がいる。名前は『イカ』。いままでもInstagramなどの人間用のSNSに愛猫の写真をあげることはあるが積極的に毎日あげることはなかった。また、海外にあるペットのためのSNS(例えば『Unitedcats』)に愛猫を登録したり、他のwebサービスで日記をつけたりもしてみたが、全て続かなかった。ただ『ドコノコ』はダウンロードしてからほぼ毎日、愛猫の写真をポストしている。眠る前のリラックスタイムに開いてアプリ内に並んでいる犬や猫のまぬけでかわいい写真を見て癒やされている。

なぜ『ドコノコ』は毎日使いたくなるのか?眠る前のリラックスタイムに見ても疲れないのか?それは犬や猫が主役で、人間が脇役であるという立ち位置が明確になっているからである。数多あるペットアプリやサービスの中で、犬や猫たちが喜んで登場してくれるアプリはどのようにして生まれたのか?企画・監修を手がけた糸井重里氏に伺った。

dokonoko screen.jpg

『ドコノコ』に投稿された糸井重里氏のブイヨン(中央)と筆者のイカ(右)。
"ひろば"ではみんなの投稿写真が楽しめる。"エリア"では近所の犬猫を知ることが出来る。

--糸井さんが犬・猫専用アプリ『ドコノコ』をリリースしたと聞きちょっと驚きました。なぜ、いま、犬・猫専用アプリをリリースしたのでしょうか?

糸井:
実はスマホアプリをリリースするのはこれが初めてなんです。
そして、自分が犬(名前:ブイヨン)を飼っているという前提がなければ、2年もの歳月を掛けてこのアプリを生み出すということは出来なかったと思っています。

アプリを作ろうと思った背景には自分の中でずっと気になっているテーマがあったからです。それは「ペットは家族なのか?ペットは飼っている人にどういう意味がある存在なのか」というもの。

まず「ペットは家族なのか?」という疑問に関しては、「チューをされてもいいのが家族」と決めました。ある人にとっては人間の亭主以上にペットが家族と思う人もいるかもしれないですが、そういう家庭がすごく増えてきていると思います。それぐらいペットと家族が近くなってきていると思うのです。

さて、そうなると自分の家の犬・猫はいいけど「家のない犬や猫はすごくかわいそうだなぁ」と思うようになりました。 昔は野良犬と外犬(ペットだけど家の外で飼われている犬)との区別があまりなかったんですよね。雨にうたれてすごく粗末に扱われている飼い犬とかが居ましたが、いまは家のある犬・猫と家の無い子の差が以前に比べて広がっているな、と。同じ犬・猫なのに格差がありすぎて可哀想だなあ。と思うようになりました。

あと、捨てられた動物を保護して新しい家族を見つける活動をしている『ランコントレ・ミグノン』という団体と関わっている中で、犬・猫にとっても人間にとっても「家族を見つけること」がとっても良い事であることがわかったんです。
itoi-team.jpg

『ドコノコ』ユーザーから投稿される犬・猫写真はチームで丁寧にチェックされる。左手前の後ろ姿は企画を手伝う小説家の浅生鴨氏。

■犬・猫の「戸籍」を作る、野良犬・猫を「知る」機会を増やす。

糸井氏は犬や猫が保健所に連れていかれてしまうのは「無関心」が原因ではないか?と考える。家の無い犬や猫でも、誰かが掃除をしていたり、餌をあげていたりするのを「知る」ことで、その犬や猫に関心が行き、気になり、愛が生まれる。その愛を生む装置として『ドコノコ』アプリを位置づける。それはアプリの中で積極的に「自分の家の犬・猫」と「街で見かけた犬・猫」を同様に扱うことにより地域みんなで犬・猫を愛すように仕向けている。糸井氏はこの犬や猫に「戸籍」を提供しているのだと語る。

糸井:
犬・猫と人間を取り巻く現在の環境を改めて考えてみた時に、大切なのは"家族"を持つことで、それを宣言できるようにしてあげることだと思いました。『ドコノコ』では自分の近所がどこか?防災情報のアプリ『全国避難所ガイド』の避難所データをベースに登録できるようになっているので犬・猫のだいたいの住所がわかります(自分の実住所は登録しません)。そして名前と年齢も入れることが出来るのです。それはつまり犬・猫の「戸籍」を作ってあげることと一緒なんです。飼い犬・猫はもちろん野良犬・猫も見かけた場所を登録してあげることにより、「戸籍」に近いものを得ることができます。

なぜこのような仕組みを作ったかというと、家に居る犬や猫と同じように外に居る犬や猫も「知る」機会を多く作ってあげたかったからです。 ワンちゃんなりネコちゃんの存在を「知る」ということが、「知らない生き物が町内に居るから保健所に連れてって欲しい」という感覚から、家族の延長上だから大事にしたいという感覚に変わるのです。

これは取りも直さず僕の心の変化でもあるんです。

■"生命アート"に触れ、愛の豊かさを増す。

糸井氏は自身の愛犬「ブイヨン」との触れ合いや、動物愛護団体『ランコントレ・ミグノン』の活動を支援することにより心が変化したという。どのような体験が糸井氏の心を突き動かしたのか?犬・猫を「知る」ことが彼らの「命を救う」事に繋がると考えるに至った経緯を、老犬「イーさん」との出会いのストーリーにより読み解いてみたい。

20160705223829.jpg

『ランコントレ・ミグノン』の「イーさん」

糸井:
ある時『ミグノン』の代表が動物愛護センターから「イーさん」という犬を連れて帰ってきました。ぼくの第一印象は見世物小屋に出てくるような犬だな、でした。舌がずっと出たままで乾ききっているみすぼらしい老犬なんですよね。ミグノンの代表は「絶対かわいいと思う人がいるし、もしもいなかったらどうせ処分される運命だったのでミグノンで一生過ごせばいい」というのですが、当時のぼくには「それ?」と思う以外にイーさんに対する気持ちはありませんでした。

だけど面白いことにイーさんに触れる機会が増えるごとに「それ?」としか思ってなかったぼくの心に「イーさん元気?」とか「今日は舌が引っ込められたんだ、良かったね」という親しみが芽生えはじめました。 そして、ある時気がついたのですがぼくの中で「美」や「かわいい」「愛しい」という対象がイーさんを好きになることによって、今まで以上に豊かに増えていたのです。

ボロボロの野良猫に出会っても、昔だったら「ボロボロ猫だな」と思っただけだったのに対して「かわいそうだな、誰が面倒みているんだろう?誰か名前つけているかな?」とか、思うようにもなりました。

最初の「あれを連れてきたんだ」とか「ボロボロだな」という負の感情から、「かわいい」という心境へのジャンプは、まるでアートに触れた時のような感覚でした。自分の中の「かわいい」の価値観が、ある一服の絵を見て変わったように イーさんという生命アートに触れることにより、ぼくの心はかき乱されたし、大きく変化しました。

心が大きく揺さぶられた結果、日本中にいる野良の子の寿命が気になったり、一匹でも多くの命が生きながらえるよう応援したり、逆に野良の子を迷惑だと思う人達に対して何をすればいいんだろうと考えるようになりました。

野良の子でも掃除する人や餌をあげる人がいると大丈夫なのですが、そのようなケアしてくれる人がいないと保健所に連れて行かれてしまう。『ドコノコ』で地域を登録し、そのご近所の犬や猫も表示できるようにしているのは、地域で守れる動物は守ってあげるためのものです。
20160705230428.jpg

"生命アート"イーさんは色々と気づきをくれる。

■世界中の犬と猫が繋がる環境を。

糸井氏の話を聞いていると家の愛猫も近所の猫も同じように愛おしく感じてくる。旅先で出会った犬や猫を登録しても楽しいという。そうなると『ドコノコ』が結ぶ犬・猫・人間とのやさしいつながりは世界中に広がっていく。

糸井:
ぼくの人生で初めて「みんなに使ってもらうこと」をテーマとしたサービスを作っています。いままでは視聴率で言うと1%でいい、分からない人にはわからないままでいいや、というのがぼくの中にあったのですが、今は1,000万人でも5億人でも来てください、と思っています。生まれてはじめてなんですよ、こういうこと。

英語版でも楽しめるアプリにしているので世界の多くの方にも使っていただけるようにしています。そうすると自分の憧れの国の猫や犬と繋がれて「ボンジュール」って語り合う犬・猫がでてきたり、紛争が起きている国同士の犬や猫がつながって平和を望む話し合いが起きるかもしれない。

犬や猫に対する愛情は世界中一緒ですからね、みんな同じ気持で犬や猫を愛しているんだ、というのを知る喜びを一人でも多くの方に味わっていただきたいです。
itoi_team.jpg

『ドコノコ』開発チーム。中心の糸井重里氏から時計回りに松本氏、佐藤氏、ゆーないと氏、星野氏。

『ドコノコ』の開発時のタイトルは『KAZOK』つまり「家族」だった。 ただ、アプリのミッションやテーマが丸見え過ぎるのでライトなユーザーにも喜んでもらえるものにしたいと考え変更したらしい。 ただ、この『ドコノコ』の根底にあるのは「家族」であることは変わらない。家族は家に住んでいる家族(犬・猫含む)はもちろんのこと近所の犬や猫、そして『ドコノコ』に登場する世界中の犬・猫も家族であるという意識が芽生えてくる。 そのような視点で世界を見回すと、世の中には沢山の♡を付けたくなるシーンがあり、優しい気持ちになる。 『ドコノコ』からはじまる平和というものもあるかもしれないな、と糸井氏とチームとの取材を経て感じた。 いままでのアプリよりもアナログで優しさとぬくもりを感じるアプリなのは、テクノロジーに踊らされずに企画をしっかりと考えた上でリリースした結果だろう。
これからの時代、優しさをもったアプリやテクノロジーがより多くの人を巻き込むことになる。

ライター:西村真里子(肩に乗っている猫:イカ)

SENSORS.jp 編集長
国際基督教大学(ICU)卒。IBMでエンジニア、Adobeにてマーケティングマネージャー、デジタルクリエイティブカンパニー(株)バスキュールにてプロデューサー従事後、2014年に株式会社HEART CATCH設立。 テクノロジー×クリエイティブ×マーケティングを強みにプロデュース業や執筆活動を行う。スタートアップ向けのデザイン&マーケティングアクセラレーションプログラム「HEART CATCH 2015」総合プロデューサー。 http://events.heartcatch.me/

最新記事