Instagramフォロワー320万人越え!タイの俳優 ジェームス・ジラユのSNS術

2016.06.27 12:00

ジェームス・ジラユという俳優をご存知だろうか。甘いルックス、長い手足...タイのトップスターとして、女性から絶大な支持を得る、タイの若きスーパースターだ。

ジラユは、1993年9月19日生まれ。2011年、Facebook上でタイの芸能プロダクション"META TALENT MANAGEMENT" の社長の目に留まりスカウトされ、2013年3月、TV ドラマで俳優デビューするなり、一気にブレイクする。トヨタ、ユニクロ、明治ブルガリアヨーグルトなど日系企業の現地CMにも抜擢され、俳優・タレント・モデル業をマルチにこなす。日本でも、東京ガールズコレクション出演や、タイフェス出演そして2016年6月29日(水)には日本デビュー・シングル「Loving you Too much(ユニバーサル ミュージックジャパン)」と7月8日(金)にファースト写真集が発売となり、日本でも活動の幅を広げつつある。

そんなジェームス・ジラユは、なんとInstagramのフォロワー320万人、Twitterフォロワー約66万人という、SNSで大きな影響力を持つ、いわゆるインフルエンサーでもある。
タイはSNSがとても盛んな国。2016年4月地点のFacebookユーザー数は、日本人2500万人・人口に対して約19.8%である一方、タイのユーザーは3900万・人口に対して約57.2%という脅威の数値である(人口は2016年4月地点)。 そんな中でも抜群の人気を誇るジラユ。いったい、どのようにしてSNSを通しファンを惹き付けているのか...ジラユ流・SNSの運用法とは?

jirayu1.png

■Instagramでは、1投稿に対して約60,000~70,000いいねがつく

--日本で本格的に活動をはじめたジラユさん、日本はいかがですか?

ジラユ:
日本は街がきれいで、おいしい食べ物がたくさんありますね。 これからもっと日本の皆さんに僕のことを知って頂くため、日本文化や日本語も勉強中です。

--ジラユさんは、Instagram・Twitterともに多くのフォロワー数を誇っていますが、日本人のフォロワーも多いですか?

ジラユ:
日本の方はもちろん、世界中の方にフォローして頂いています。SNSは、世界中の人々がアカウントを持っていますし、特にInstagramは写真ですから言葉の壁もないですよね。僕を知ってもらうためのとてもよいコミュニケーションツールです。
jirayu2.png

Instagramアカウント

--SNSを通して世界中のファンにリアルタイムな情報を届けているんですね。Instagram・Twitterの使い分けはされているんですか?

ジラユ:
Instagramは自分の日常を切り取った写真を投稿しています。オフショットや仕事の合間のひととき、共演している他の俳優たちとの写真を投稿しています。 Twitterは、もっと気軽に自分の生活をリアルタイムにつぶやいています。今読んでいる本の紹介から、「渋滞にひっかかった」や、「いま食事してるよ」など(笑)。より気軽に投稿しています。
jirayu3.png

Twitterアカウント

--投稿に対するフォロワーの反応はどうでしょう?

ジラユ:
Instagramでは、1投稿に対して平均で60,000~70,000いいね・600コメントほどつきます。コメントはほとんど応援のメッセージ。他の俳優との写真では、「一緒にドラマをやってほしい!」などのリクエストもきます。また、自分のお気に入りのものを紹介すると、「買ったよ!」などのコメントもたくさん頂きます。

■タイの人はスマホを触る時間が長く、常にSNSで情報に触れている

--投稿をする上でのルールや、気をつけている事はありますか?

ジラユ:
ルールなどはありませんよ。ほとんど意識せず、自然に投稿したいものをアップしています。フォロワーも自然と増えていきました。

--それにしても320万人フォロワーは簡単には実現できないと思いますが、なぜそのフォロワー数まで達したのでしょうか?

ジラユ:
まず、タイの人はスマホを触っている時間がとても長いんです。スマホゲームかスマホで動画を見るのは日常です。連絡方法も、LINEが主流なんですよ。そして皆SNSのアカウントを持ち、情報に触れています。だから、SNSを通じて、自らの情報を多くのファンに発信できるんです。 また、自分のありのままのライフスタイルを発信しているのもポイントですね。リアルな生活や、日常の思考を表現しているので、SNSでは、テレビや雑誌とは違う、ありのままの僕を見てもらうようにしています。 他の俳優仲間も、Instagramを通して、日常のライフスタイルを発信し、ファンとコミュニケーションを図っています。「意識せず、自然体」が実はポイントなのかもしれません。

形式張ったことを設定しているのではなく、自由に情報発信し、ありのままの素顔を感じることができるからこそ、多くのファンが集まるのかもしれない。アカウントはTwitterが@jirayu_jj、Instagramが@jirayu_jjだ。

ishine.jpg

取材・文:石根ゆりえ

広島生まれのストーリーテラー。大手IT企業〜スタートアップにて、webマーケティング・PR・広報経験を経て、独立。アジア圏の「スタートアップ/イノベーティブなものづくり/伝統×新しさの融合」をテーマに、調査・執筆。 好きな言葉は諸行無常。
Twitter : @yurieru1115 / Facebook : yurie.ishine

最新記事