若き女性クリエイター・きゅんくんと近藤那央がロボットに見いだす新世代の感性

2015.06.10 22:03

ものづくりの「民主化」が進み、個人でロボットをつくることができる時代が到来した。そんな背景を前提にして、新しい発想でロボットやテクノロジーに向き合う若いクリエイタ-達が登場している。その代表格が「きゅんくん」と「近藤那央」。20歳/19歳の現役の学生である彼女たちのポップな感性に「SENSORS」は注目!個人的にも交流があるこの2ショットの対談を設定してみた。そして、その感性のあり方に深く突っ込んでみたところ、意外な違いも明らかになってきて...。

SENSORS.jpの新コーナー「SESORS CAFÉ」。テクノロジー×エンターテイメントの次世代を担う若者達とのカジュアルな対談を通じて、新しい感覚や価値観を紹介していく。第1弾のSENSORS CAFEはきゅんくんと近藤那央さん。まずは二人のプロフィールを簡単にご紹介。

きゅんくん:
ロボティクスファッションクリエイター。機械工学を学びながらファッションとして着用するロボットを制作。金属加工、電子工作、洋裁など全て自身で手がける。TOKYO DESIGNERS WEEK 2014企画展「スーパーロボット展」やSXSW2015などで作品を発表。1994年生まれ20歳。

近藤那央(こんどう なお):
本物そっくりのペンギンロボット「もるペン!」の開発を行うTRYBOTS代表。生物の動きを緻密に再現する事を目的に日々活動。個性的な女の子を発掘するアイドルオーディション「ミスiD2015」にて応募者約4000人の中からミスiD2015を受賞。高校では機械科を卒業し、現在は慶應義塾大学環境情報学部在学中。1995年生まれ19歳。

新しい「ロボット観」を持つ二人をSENSORSクリエイティブディレクター、ガンダム世代の海野大輔(41)が伺う。

■"似ている"ようで"似ていない"二人のロボット・クリエイター

DMM.make AKIBAにて。きゅんくん(左)と近藤那央さん(右)。

「ロボティクスファッション」というコンセプトでロボットとファッションを融合させる取り組みで注目を浴びるきゅんくんと、水中を泳ぐペンギン型ロボット「もるぺん!」の開発チーム「TRYBOTS」をリードする近藤那央さん。

きゅんくん:
あるイベントに参加した時に「きゅんくんと似たことをしている女の子がいるよ!」と言われことがあって。
近藤    :
派手な色の服を着てるきゅんくんを見たことがあって、めっちゃ気になってたのを覚えています。

齢が近い、高校生からロボット開発をしてきた、幼少のころから芸術に触れる機会が多かったなどなど、一見すると共通する部分が目立つ二人が出会うのは必然だったのかもしれない。今ではLINEでも定期的に連絡を取り合う仲だそうだ。番組「SENSORS」でもレポーターとして共演のお願いをしたこともあった。そんな二人だが...。

「私たちって考え方とかお互いに全然違うんですよ!」

彼女たちはこう口を揃える。お互いのことをどのように違うと捉えているのか伺っていくと、同じロボット開発者であるはず二人の対極とも言える"感性"が浮き彫りになった。

■プロダクトとしてのロボット、ファッションとしてのロボット

お互いの違いをはっきりと語る2人

近藤    :
お互いに同じなのは「歳」だけで、後はほとんど違うとおもってるよね(笑)
きゅんくん:
うん(笑) ロボットに対する考え方も全然違うよね。
近藤    :
きゅんくんはきゅんくんで面白いことやってるなって思う。私と全然違うし、尊敬している。
きゅんくん:
私はペンギンのように自然界に存在しているものをつくろうとは思わないんですよ。ロボットは自然界には存在しないってところが魅力なんです!機械であることそのものに価値があって、メカメカしい外見がすごく好き。でも、機能的なことは求めてないんです。私はファッションとしてロボットを身にまといたい。好きなキャラクターや絵柄がプリントされているTシャツとかを着たくなっちゃう心理と同じで、私はロボットをファッションにしたいんです。
近藤    :
きゅんくんは、アートというか、妄想の中のものをつくっていると思う。私は妄想のものをつくりたいのではなく、高機能なものをつくって世の中を驚かせたい。でも、ただ機能的なだけじゃなくて、それを普通の人にも使ってもらえるようなものにしたいんです。高校生の頃からいろんな研究会に参加できる機会があって、そこでつくってるものを見て、確かにスゴいと思ったけど、私のお母さんが使えるようなところまで来るのかなって疑問に感じてました。研究をするのと同じくらいそれを世の中に出していく労力も必要なんだなって。

世の中で広く使われる機能な「プロダクト」がつくりたい近藤さん。人工物ならではのメカメカしい「ファッション」がつくりたいきゅんくん。実用性と芸術性。2人のものづくりの嗜好の大きな違いだ。その一方で、自分のつくったもので世の中を驚かせたいという思いについては共通していた。

■動物が人間の心を動かすのは何故なのだろうか(by近藤)

人生の大きな転機になったという高校受験を語る近藤さん

近藤さんがロボットに目覚めたのは、「面白そう」という理由で受験・入学した技術系高校での卒業制作がきっかけだった。仲の良かった同級生とつくりたいロボットのビジョンが似ていることがきっかけで、チームで「ペンギン」の泳ぎを再現するロボットを制作開始。近藤さんの呼びかけで集まったメンバーを中心に現在もチーム「TRYBOTS」として開発改良を進めているのだ。

彼女は「ペンギン」に着目した背景を次のように語っている。

近藤    :
実は最初、ペンギンを開発するのが嫌だったんですよ。この人は可愛いいものつくりたかっただけ、ミーハーってまわりの思われるのがすごく嫌で。でも、ペンギンについて調べているとすごく「性能」が高くて驚いたんです。水中であんなに速く泳ぐことができるし、それも"水陸両用"じゃないですか。エネルギー効率も半端ないなって。可愛さよりもその機能性に魅力を感じてしまって、見え方は工夫次第でどうにでもなるなって思えたのでペンギン型ロボット「もるぺん!」を開発することになったんです。

ペンギンの性能に心惹かれて、それを自分自身でつくりたくなってしまったという。さらにルーツを伺っていくと「動物が人間の心動かす現象」への関心がとても強いようだ。

近藤    :
昔、ロボット犬AIBOってあったと思うんですけど、私の中ではAIBOは大きな存在なんです。AIBOとカメとハムスターを同時に飼っていた時があって、その三者を横並びで見ていたんですよ。AIBOは踊ったりするけど、カメはずっと甲羅に篭っていたりとか知らんぷりすることもあって。でも、その中で自分が一番可愛いって思ったのはAIBOじゃくなくて、カメとハムスターだったんです。自分に対して何もしてくれないのに、心動かされるのってなんでなんだろう?動物が持っている人間の心を動かす要素をロボットに付加することができれば、ロボットはもっといいものになるのではないか?AIBOは考えるきっかけを与えてくれました。

彼女は動物が人間の心を動かす要素をロボットに応用することで、人間の「パートナー」となるようなロボットをつくりたいとも意気込む。

近藤    :
スマートフォンアプリでも目覚まし時計とか使うんですけど、お母さんとかに怒鳴られたほうが圧倒的に起きるじゃないですか。人格があるって認識しているほうが、効力が大きく発揮する場面って結構ありますよね。人が直接言わなきゃ動かない場面があるから先生とかマネージャーとかがいるわけで。ただしゃべるだけのロボットじゃなくて、人格をもったロボットをつくりたいなって思います。

■人間とロボットが理解し合って欲しくない(byきゅんくん)

この日も遅くまで活動しているきゅんくん

一方、きゅんくんにロボットに興味を持ったきっかけを尋ねると、家族の影響で鉄腕アトムをはじめと手塚治作品に幼少から親しんでいたという。小学校の卒業文集では「大学の機械工学科でロボット開発をすること」を将来の夢としていた。「この道を志すきっかけを意識したことはとくに無い」と言い切るほど小さい頃からロボット開発者としての道を初志貫徹している。中学では演劇部、高校では被服部に所属。その時からファッションとロボットを融合させる取り組みを開始していた。

きゅんくん:
高校の被服部では、近所の工場から貰ってきたジャンク品(故障品)の解体とかやってました。それを服につけたりとかして新しいファッションを開発してましたね。透明のコルセットにファンを装着したりとか。高1からずっとやりたいことは変わってないんですよ。

さらにロボットに対する考え方を伺っていくと、きゅんくんにとってのロボットは突き放された存在。彼女がファッションとして身にまとうロボット(Metcalf)のメカメカしい外見からも、人間とは独立した存在であることを良しとする気概が伺える。

きゅんくん:
私は人間と機械はお互いを解り合ってほしくないんです。もし、人間とロボットが相互理解の状態があるのだとしたら、それは人間が機械に対して勝手にそういう感情をもっているだけ。機械は人間を分かっているわけじゃないので"解り合う"っていう状態はないんです。人間がロボットに感情を持つのはいいけど、ロボットには感情をもって欲しくない、しゃべってほしくない。私は一生ロボットに片思いなんです。ロボットに愛されることはない。一生相思相愛になることはないんです。

彼女たちのアプローチはある意味で確かに正反対だ。しかし「感情」というファクターを軸にしていることは共通している。ユーザーの感情を震わせるデザインを模索する近藤那央さん。一方、ロボットと人間の関係を突き放して捉えるきゅんくんには、それ以前に「片思い」と彼女自身が表現する大きな感情の熱量が存在している。ただひたすらに機能へ奉仕する機械というロボット観ではなく、「感情」を巡る人間とロボットの関係が彼女たちの関心の中心ということが、はっきりとわかった。

■「アイドル」と呼ばれたくない2人

きゅんくんのロボティクスファッション「Metcalf」に挑む近藤さん

その端麗な容姿から、近藤さんは「ミスiD2015」を受賞。きゅんくんは美少女クリエイターとして各メディアから浴びている。しかし、当の本人達は自分たちを「アイドル」と呼ばれることに抵抗があるようだ。

近藤    :
ミスiDに応募したのは、たまたま見つけて「せっかく若いし」って思って。でも、一番の理由は、自分の作ってるロボットのことをいろんな人に知ってもらえる機会だと思いました。アイドルとか好きな人たちはリーチ力がある人たちです。その人たちにロボットのことを知ってもらって、広めてもらえればと思ってました。
きゅんくん:
それでミスコンに応募できちゃうのが本当にすごい。私は絶対にアイドルって呼ばれたくないんです。よく自分がモデルになっているのはなんで?って聞かれるんですけど、被服の世界では作り手がモデルを兼ねるというのはよくあることなんですよ。服を作ったら誰かに着せなくてはいけない。モデルさんにお願いできればいいのですけど、お金がないので自分で着るしかないじゃないですか。"きゅんくん"って名前自体も中学からのあだ名をずっと使っているだけで自己演出のつもりはまったくないんです。
近藤    :
きゅんくんってそこがすごくうまいよね。本人はそういうつもりじゃないのに、原宿を中心に きゅんくんのファンのコミュニティができたりして。ファッションだから原宿文化の人たちを巻き込めるのはすごいいいよね。
きゅんくん:
私はエンジニアでありつづけたい。自分で技術を身につけて、自分の手でつくりたいんです。だから作業をアウトソースしたくなくて、他の人にお願いいするっていうのがすごい苦手なんです。
近藤    :
実は専攻なんてできないくらい数学物理がすごい苦手なんですよ。でも、プログラミングとか工作とかの実技系のことはわりと好きだったり。高校の友達に難しい計算とかが得意な友達がたくさんいるから、私はいろんな人巻き込みながらチームでやっていきたいな。ミスiDも自分少しでもチームのPRの部分を担えればなって思ったんです。

近藤さんは創作活動のPRとして、きゅんくんは創作活動の必要から出発して、それぞれが独立した「アイコン」として世間に認知されるに至った。それが本人の望むところかどうかは別にして。しかし、結果的に「アイコン」としての役割を担い切ってしまうセンスも新世代特有の感性と言えるだろう。

■「ロボットと暮らす日常」が、彼女たちにはすでに見えている。

「ロボット」という言葉から夢想するイメージ...力強く高機能なメカを人間が操作する...そんなSFアニメのような従来の「ロボット」観に、自分は縛られていたのではないか?近藤那央さん、きゅんくんのインタビューを通じて、聞き手としての自分が固定観念に縛られていたのではないか?そんなことを感じた。彼女たちは、そんな古いイメージを軽やかに回避して、最初から別の場所に立って「ロボット」を眺めている。

彼女たちがつくるロボットは実にポップであって、どこか身近な感覚を与えてくれる。動物が人間の心を動かす要素をロボットに応用する、ロボットそのものをファッションにして身にまとう。こうした自由な発想ができるのは、若い二人ならでは。従来の世代が夢想にとどまっていたのに対し、彼女たちは、テクノロジーの恩恵を前提に、自分たちの手で実際にロボットを作っている。ロボットと同居する生活/日常をその指先の感覚ですでに探り当てているのだ。これが彼女たちを自由にしていると感じた。そして、その自由が従来の「ロボット」像を打ち壊していく。実に痛快なことではないだろうか。

最後に彼女たちにこんな質問をした。「10年後に何をしていたいですか?」すると、二人は声をそろえてこのように答えてくれた。

「ロボットを作り続けていたいです!」

聞き手:海野大輔

日本テレビインターネット事業部(SENSORS)クリエイティブディレクター。ガンダム世代の1973年生まれ41歳。下北沢在住でサブカルチャーと音楽をこよなく愛する。「ズームイン!!SUPER」や「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」などの番組制作に携わる。

構成:石塚たけろう

ベンチャーキャピタルやデジタルマーケティング企業複数社での業務を経験後、EIR(=客員起業家)として複数の大手企業、スタートアップの新規プロジェクトに参画。Webデベロッパー。@takerou_ishi

最新記事