"VR元年"2016年を、業界トップランナーと振り返るイベント「VR元年に何が起こったのか?」

2016.12.08 19:00

VR専門メディア「Mogura VR」と、新しい東京をつくるビジネスプラットフォーム「HIP」による2016年のVR業界をキーパーソンと振り返るイベント『「VR元年に何が起こったのか?」2016年のVR業界を総括的検証&コンテンツ体験会』が、12月21日(水)虎ノ門ヒルズにて開催される。

HIP_160706_158.jpg

「VR元年」と言われた2016年。業界で起こった動きと結果を、今年VR業界を牽引したトップランナーとして活躍した方々と振り返り、ディスカッションする場がこの「VR元年に何が起こったのか?」。本イベントでは、2016年に開発されたコンテンツを中心に、VRコンテンツの体験会も行われる予定。VR業界の行方に関心のある方、VRコンテンツをまとめて体験したい方、VR業界にネットワークをつくりたい方にオススメのイベントだ。

【関連記事】やっと技術が追いついてきた。VRのパイオニア・水口哲也が語る「バーチャルを超えた」未来

■登壇者
吉田修平氏(ソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデント)
田宮幸春氏(株式会社バンダイナムコエンターテインメント AM事業部 VR部VRコンテンツ開発課 マネージャー)
藤井直敬氏(株式会社ハコスコ 代表取締役 / VRコンソーシアム代表理事)
新清士氏(株式会社よむネコ代表)
モデレーター 久保田瞬氏(株式会社Mogura代表取締役/Mogura VR編集長)

■当日の流れ(予定)
1:VRコンテンツ体験会(18:30の開場からセミナー開始の19:30までの1時間)
2:講演「2016年『VR元年』に何が起こったのか?」Mogura VR編集長・久保田瞬氏
3:パネルディスカッション「VR元年を振り返る」&質疑応答
4:懇親会&体験会(1時間程度)

■開催概要
日時:12月21日(水)(18:30 開場 19:30セミナー開始)
場所:虎ノ門ヒルズフォーラム ホールB
参加費:3,500円 ※VRコンソーシアム会員の方は応募時期に関わらず20%割(2,800円)のチケット申込み可能
定員:250名(定員になり次第、締切)
主催:Mogura VR、HIP
後援:一般社団法人VRコンソーシアム
申込方法:イベントページ(http://moguravr2016final.peatix.com/)より

■登壇者プロフィール
吉田修平氏(ソニー・インタラクティブエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデント)
1993年に旧ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)設立メンバーとして参加。以降、「プレイステーション」プラットフォーム向けに発売された数々のソフトウェアタイトルをプロデュース、2000年に アメリカへ赴任後、ゲーム制作部門を担当。2008年5月、ゲーム制作部門であるSCE (現SIE)ワー ルドワイド・スタジオ プレジデントに就任、代表的な制作担当作品は、「ゴッド・オブ・ウォー」、「アン チャーテッド」各シリーズなど。 2016年10月に発売したバーチャルリアリティシステム「PlayStation VR(プレイステーション ヴィーアール)」の開発も務める。 

田宮幸春氏(株式会社バンダイナムコエンターテインメント AM事業部 VR部VRコンテンツ開発課 マネージャー)
東京大学工学系研究科にてロボット工学を研究し、1998年にナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)入社。以降企画開発担当として「ドラゴンクロニクルシリーズ」や 「ドラゴンボールZENKAI シリーズ」など業務用ゲーム機を中心に手がけながら、家庭用ゲームソフト、ネットワークコンテン ツまで、幅広く携わる。中でも新規企画のコンセプ ト立案に参画することが多く、2015年からはVR技術でエンターテインメントの未体験領域を開拓するプロジェクト「Project i Can」にて各VRアクティビティのディレクションを担 当し「タミヤ室長」として活躍中。

藤井直敬氏(株式会社ハコスコ 代表取締役 / VRコンソーシアム代表理事)
東北大学医学部卒業後、同大大学院で博士号取得。1998年よりMIT、McGovern Instituteにて研究員。理化学研究所脳科学総合研究センター象徴概念発達研究チーム副チームリーダーを経て、 2008年より同センター適応知性研究チーム・チームリーダー。主要研究テーマは、適応知性および社会的脳機能解明。

新清士氏(株式会社よむネコ代表)
1970年生まれ。Oculus Touchに合わせて発売したVR脱出ゲーム「エニグマスフィア~透明球の謎」 の開発会社のよむネコ代表。また、Tokyo VR Startups取締役、デジタルハリウッド大学大学院准 教授、ジャーナリスト。5月に発売した『VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む』(NHK 出版新書)を発売し、Amazonの「IT」部門で1位を獲得するなどの大きな反響を得ている。

モデレーター 久保田瞬氏(株式会社Mogura代表取締役/Mogura VR編集長)
慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、環境省に入省。環境白書の作成等に携わる。ECベンチャー勤務を経て、現職。現実を進化させることができるVRに無限の可能性を感じ、身も心も捧げている。これまでに体験したVRコンテンツは展示、配信合わせて500作品以上。VR業界の情報集約と提供、コンサルティングに強みがある。また、海外の主要なVRイベントでは必ず現地に足を運び、取材やネットワーク構築を行っている。

最新記事