レイ・イナモトの「未来の作り方」〜世界が注目しNYで活躍する日本人クリエイティブディレクターが、人生で学んだもの

2016.02.27 13:00

2月26日、虎ノ門ヒルズで行われた「SENSORS IGNITION 2016」の幕開けを飾るキーノート(基調講演)に登壇したクリエイティブディレクター、レイ・イナモト氏。世界の広告業界でその名を知らない人はいない、世界で最も有名なクリエイターであるイナモト氏は昨年秋に新会社「Inamoto & Co.」を設立。ポストAI以降のクリエイティブをいかに考えていけばいいのか?16歳で海外へ渡り、世界的なクリエイターになるまでの自身の人生を振り返りながら「未来の作り方(DESIGNING THE FUTURE)」を語った。

キーノートに登壇したクリエイティブ・ディレクター、レイ・イナモト氏はCreativity誌「世界の最も影響力のある50人」、Forbes誌「世界広告業界最もクリエーティブな25人」に選ばれるなど世界で最も注目される日本人の一人だ。
米・大手デジタルエージェンシーAKQA社に2004年から2015年までCCO(クリエイティブ最高責任者)として在籍し、Google、Nike、Audiといったグローバルブランドのデジタルマーケティング戦略の立案と実行をリードしてきた。

新会社Inamoto & Co.の創業メンバー。

昨年秋には新会社Inamoto & Co.を設立し、デザイン・データ・テクノロジーを組み合わせることで従来の枠組みを超えたビジネスを創造することを目指す。
「未来の作り方(Designing the Future)」と題された講演では自身の人生やテクノロジーの歴史を振り返りながら、ポストAI時代に人間がいかにクリエイティビティを発揮し、未来を創っていくことができるのか?象徴的なエピソードを交え、5つのエッセンスを聴衆に投げかけた。

■"未来の作り方"レッスン1:「理念を持つ。そして曲げない」

テクノロジー・メディアの100年史を紐解くと、1910年代「ラジオ」、1950年代「テレビ」、1980年代「コンピューター」、2010年「モバイル」、そして現在2016年「AI(人工知能)」という変遷を辿ってきた。
のちにコンピューターサイエンスとアートを学び、クリエイティブの世界に飛び込んでいくイナモト氏のキャリアを振り返る上で、こうしたテクノロジーの進化は重要な布石となる。

キーノートのタイトルは「未来の作り方(DESIGNING THE FUTURE)」

レイ・イナモト
(以下、イナモト):
人生で影響を受けた人が二人います。もちろんそれは父親と母親。父親は立教大学で、原子力でどうエネルギーを作るのかといった物理学を専攻していました。ある日、彼は一つの真理に気付くんですね。どれだけ人間が努力して原子力発電を作ったりしても、自然に自生した一枚の葉っぱにさえ勝るものは作れないという結論に。アインシュタインに憧れ物理学を勉強していたところから、木工に目覚め、家具を作っていく人生に転換したんですね。それで1970年代に東京から岐阜県・飛騨高山の山奥に家族で引っ越したのです。

父・稲本正氏が1974年に創設した「オークヴィレッジ」は、「100年かかって育った木は100年使えるものに」、「お椀から建物まで」、「子ども一人、ドングリ一粒」という3つのモットーを掲げる家具の会社。

イナモト:
父の学生時代に話は戻るのですが、大学に行く前に留年してしまうんですね。その頃作家を志望していた父は、作家だった伯父さんに「どうやったら物書きになれるのか?」を尋ねました。すると、まずは1年間毎日作文を5枚書くことを勧められたんですね。1年後に書き溜めた2000枚ほどの作文を叔父のところに持って行きました。伯父は最初の数枚と最後の数枚をペラペラと読んで、「ちょっと言いにくいけれど、最初の日と最後の日を比べて全然上達していないからやめた方がいいよ」と言ったんです。失敗しなければ成功しないのは当たり前ですよね。ここから導かれるレッスン1は「理念を持つ。そして曲げない」こと。

一つ目のレッスンに合わせて、イナモト氏が引用した発明家トーマス・エジソンの名言。「失敗なんかしちゃいない。うまくいかない方法を一万通り見つけただけだ」

■"未来の作り方"レッスン2:「矛盾の融合」

イナモト:
僕が14歳くらいだった頃、父からノーベル生理学・医学賞受賞者で現在はMITで教授をしている分子生物学者・利根川進さんの著書『精神と物質』という本をもらいました。今でもハッキリ覚えているのは人間の脳というのも結局は物理的な分子でできているのだから、「嬉しい」や「悲しい」といった抽象的な感情もいずれは科学で説明ができるということ。それとは別に家にはパウル・クレーやクリストなどのアートや文学の本もたくさんありました。蔵書はそれこそ図書館並みに何千冊とあったんです。

文学は芥川龍之介や夏目漱石。さらにはニーチェやバートランド・ラッセルらの哲学にも触れていたという。

イナモト:
つまり家の中には科学・アート・文学という全く違う領域のものが共存していたのです。僕が大学生の頃、コンピューターがそれほど普及していなかった90年代ですね。アートを学びたくて大学に入ったのですが、コンピューターを使えば表現の幅が広がるのではないかと思い、アートの学部とコンピューターサイエンスの学部の二つに籍を置いて卒業しました。僕がこれで学んだのが、全く違うモノやコトをくっつけることで新しいモノが生まれること。第二のレッスンは「矛盾の融合」です。

■"未来の作り方"レッスン3:「弱みを強みに」

15歳まで飛騨高山で過ごした後に、高校はスイスへ留学。アートとコンピューターサイエンスをミシガン大学で学んだ。

イナモト:
大学を出た後、タナカノリユキさんのスタジオでアシスタントとして働き始めました。90年代後半に再び渡米し、R/GAというデジタルエージェンシーで2004年までデザイナーの仕事をこなします。そこで初めてぶつかった壁が「仕事で使う英語」だったんですね。デザイナーとして自分のやりたいことや、クライアントに作品の説明をするのが辛かったんです。なので子供でも分かるくらいの英語で説明すればクライアントも理解してくれると思い、無意識にどんどんシンプルな言葉で説明するような癖がついた。日本語の諺に「能ある鷹は爪を隠す」がありますが、僕は間違っていると思います。本当に能ある鷹は弱みを隠しつつ、弱みを強みに変えられる。レッスンの三つ目は「弱みを強みに」です。

■"未来の作り方"レッスン4:「楽観主義」

子供の頃『キャプテン翼』に憧れていたというイナモト氏。

イナモト:
2000年くらいにNYでサッカーをしていたところ、相手が蹴ったボールが目に直撃し、網膜はく離になってしまいました。網膜はく離というのは脳からつながっている神経が剥がれてしまうので、目から取り込まれる映像のデータが頭の中に入らなくなるんですね。お医者さんからは「2週間24時間顔を床に向け続ける」リハビリを課されました。下から上がってくる空気が網膜を圧縮することによって、網膜と眼球をくっつけるという原始的な仕組みですね。
もし頭が狂いそうになったらこのことを思い出してください。24時間下を向いていることほど苦しいことはないです(笑)僕も日々の仕事の悩みはいっぱい抱えていますが、このリハビリを思い出すと苦しいことがなくなるんですね。「未来を作るためには"楽観主義"でなければいけない」これが四つ目のレッスンです。

■"未来の作り方"レッスン5:「0~1と9~10」

90年代後半WEBデザイナー、デジタルプランナーとして活動していたイナモト氏に当時のトップエンジニアが投げかけた言葉。事実、現在は「Squarespace」などのサービスを使えば知識がなくとも誰でも簡単にサイトを立ち上げることができる。

イナモト:
最近では「フォントベクトル」と名付けられたニューラルネットワークが自動的にフォントを生成したり、IBMの「シェフワトソン」が人間では思いつかないような料理のレシピを作ったりしています。さらにDeepMind社のAI「DQN」が人間よりも遥かに上手に「Breakout(ブロックくずし)」というゲームをこなしたり、Boston Dynamics社の人型ロボット「Atlas」は目覚しい進化を遂げつつあります。
このように人工知能の進化は目覚しいですが、僕が考えている中では人工知能がすごく優れている部分と、すごく優れてないところがハッキリしていると思うんですね。

スライド上で職業の右に示されたパーセンテージは、20年後にはなくなっているという予測数値を表している。

イナモト:
例えば、物事には0から10まであります。人工知能が人間より優れているのは平たく言うと、1から9のところ。繰り返しモノを作ったり、行動を繰り返すのは人工知能の方がいずれ人間よりも優れてくる。でも人間が優れているのは0から1を作ったり、9から最後10に持っていく部分。海外で生活をしていると、日本の9から10へ、つまり完成度を高める力が秀でていると感じます。今後、日本の未来はそこに集中していけば希望は十分にあると思います。

Amazonで商品を注文すれば即日配達され、Uberを使えばタクシーを簡単に配車でき、Airbnbを通じて空き部屋を共有できる。テクノロジーの進化は確実に我々の生活の利便性を日々高めているが、「最終的に人の心を感動させなくてはならない」とイナモト氏はいう。
講演のクロージングではオーディエンスにスマートフォンを取り出し、電源を入れた状態で宙に掲げることを求めた。そして、暗がりの会場は無数のキャンドルのごとき、綺麗で微弱な光に包まれた。その様子をiPhoneで撮影し、父親に送ったイナモト氏。メッセージには「遅れてハッピーバースデー」と添えられていた。
「人の心に触れること」講演〆の言葉はビジネス上はもちろん、日々の生活でも心がけることにより達成できるものではないか?と考えさせられる基調講演となった。

取材・文:長谷川リョー

SENSORS Senior Editor
1990年生まれ。『SENSORS』編集者/ライター。これまで『週刊プレイボーイ』『GQ JAPAN』WEBなどで執筆。東京大学大学院学際情報学府にてメディア論を研究。最近は「人工知能」にアンテナを張っています。将来の夢は馬主になることです。
Twitter:@_ryh


写真:延原優樹

最新記事