「人工知能は悟れるのか?」光明寺 松本僧侶×東大 松尾豊 研究者対談

2015.11.30 09:00

クリエイター、研究者、僧侶らで語る「人工知能の現在と未来」。第8回目SENSORS SALON参加者は真鍋大度氏(Rhizomatiks Research)、松尾豊氏(東京大学 特任准教授・GCI寄付講座共同代表)、市原えつこ氏(アーティスト)、松本紹圭氏(光明寺僧侶)、そしてモデレーターに西村真里子(HEART CATCH)。舞台となったのは神谷町 光明寺。エンターテイメントから宗教まで、人工知能が変えようとしている世界の様々な事象を語り尽くした。レポート第2弾で掘り下げたテーマは「人工知能は悟れるのか?」。

人工知能の研究が進めばすすむほど、避けては通れないのが「人間とは何なのか?」という問い。人間らしさを突き詰めた際に、浮かび上がってくるものが「協調」「他者理解」、そして「共感」だと以前のインタビューで松尾豊氏は語った。

多くの仕事が人工知能により代替されるとの予測の中、人間はどのような社会を目指すべきなのだろうか。未来を展望するためには技術一辺倒ではなく、「宗教」についても考える必要があると自身も人工知能学会 倫理委員会 委員長を務める松尾氏が語る。

【左から】モデレーター・西村真里子氏(SENSORS.jp編集長、HEART CATCH)、真鍋大度氏(Rhizomatiks Research)、松本紹圭氏(光明寺僧侶)、松尾豊氏(東京大学 准教授)、市原えつこ氏(アーティスト)

今回の議論の場である神谷町 光明寺を提供してくれた松本紹圭氏は東京大学文学部哲学科卒業後、仏門に入り、2010年にはインドでMBAを取得というユニークな経歴の持ち主だ。僧侶でありながら、インターネット寺院「彼岸寺」を運営したり、超宗派の寺業計画を支援する「未来の住職塾」の塾長も務める。

◼「人工知能は悟れるのか?」

僧侶 松本氏から研究者 松尾氏に発せられた問いである。

前記事では、人工知能がディープラーニングによりクリエイティビティを獲得し始めていることに触れた。人工知能のスペックが今後も日進月歩で進歩していくことが予想される中で僧侶としての疑問をぶつけたとのことだ。

松尾:
それは来る質問だと思っていました(笑)まず「悟り」とは何かということが難しいですよね...。これは私が人工知能の研究を始めた理由にもつながるので、説明させてください。高校の頃から哲学が好きなんです。数学とか物理とか勉強して方程式もすごい綺麗だなと思っていたのですが、ある時綺麗に見える方程式も人間の認知の範囲のことであり、本当はもっとぐちゃぐちゃな方程式があってもいいのかもしれない、こういう数式では記述できないようなパターンがあるのかもしれない、つまりは人間の見方は人間であることの制約に囚われており、そのために美しい方程式に見えているだけかもしれないと思いました。

一方で小さい頃からコンピューターの可能性にも気づいていたので、コンピューターを使えば人間の認知の限界を明らかにできるのではないかと思ったのが人工知能に興味を持った動機なんです。人間の認知は予測可能性を上げるためにできていると思います。そのために世界を分節し、モデル化します。悟りとの関連性ですが、おそらく、人工知能の技術が進み、世界の予測性を上げようとする過程で、自己と他者を区別したほうがよくなる段階が来るかもしれません。つまり、自己の特徴を踏まえた上で現象を観測したほうが、観察して得られた知識が活かしやすいということです。また自己だけは、行動の計画ができますから、予測可能性が非常に高いです。

そこでいったん、自己と他者の区別が生まれるのですが、さらに世界の予測可能性が上がっていくと、自己の予測と同程度に、他者の予測性もあがっていく、そうすると、もはや自己と他者を区別する必然性がなくなります。つまり、自他を区別せず、一体として世界を理解している状態です。これが、もしかしたら悟りの境地なのかもしれません。と、いい加減なことを言ってたら怒られますが(笑)。
市原:
悟るとどういう状態になるんですか?通常人間が見えない何かが見えるようになったりするんでしょうか?
松本:
普通、人間って日常生活がうまく回っていれば宗教ってそんなに必要ないと思うんですよね。みんな何をやっているかというと、それぞれの物語を生きている。家族がうまくいっているとか、仕事にやりがいがあるとか、経済が回っているとか。とりあえず私の物語さえ破綻していなければ、それでいい。それでも人生には色々なことが起こります。死別などの喪失はその一例です。思い通りの物語が達成されないときに、それを補完してくれる大きな物語として一つ宗教の機能があると思います。

人間の人生を物語に見立てときに、宗教が果たす役割として松本氏はアメリカの現代思想家ケン・ウィルバーの議論を紹介した。すなわち、宗教には物語を支え、物語を生成する水平的な役割がある。一方で、より深い宗教の役割として垂直的な方向性もあるはずだという議論だ。たしかに人間が人生に物語を見出し、意味を生成しながら、物語を生きるのは動物的な特徴だとしても、やはりそれだけでは限界がある。

松尾:
人間はどうしても物事を因果関係で捉えてしまうバイアスに囚われているます。おそらく生物的に因果関係の塊みたいなものを一つの物語として捉えた方が行動しやすいからだと思います。ゆえに本来、物語性がないところまで"物語"を作り上げてしまう傾向があります。

2014年に公開された映画『トランセンデンス』ではシンギュラリティを迎えた世界で、亡き科学者の意識がアップロードされた人工知能が人類や世界を混乱に陥れていく様が終末的に描かれている。このように粗製乱造される、人工知能が人類を襲うシナリオを松尾氏は"AIホラー"と呼称し、ディープラーニングがまだまだそこまでの水準に達していないことに注意を喚起する。

「人工知能は心を持つのか?」という議論はかねてより、強いAI/弱いAI論争として知られる問題だ。これは何も人工知能に限った話ではなく、人間においても歴史的に哲学の領野では「人間には自由意志があるのか?」という問題が滔々と議論されてきた。

西村:
真鍋さんは筋電センサーを用いたり、ダンサーとコラボしたり、フィジカルなコミュニケーションから作品を作ることが多いですよね。身体性を重んじる真鍋さんの思考からみると、こうした議論はどのように感じられますか?
真鍋:
自由意志の問題は面白いですが、考えても答えは出ないですよね...。ペットボトルを飲みたいと思ったら、手を動かして飲みます。ここに意志がどのように介在しているかは置いておいて、例えば脳に電極を埋め込むことができればプログラムでけっこう面白いことができるんです。飲みたいと思った瞬間に、ペットボトルが自動的に手元に寄ってきたりとか。脳に電極を埋めるっていう話もそんなに遠い未来ではないと思うんですよね。

人工知能のディープラーニングの前提には膨大なデータの存在が必要である。眞鍋氏の脳に電極を埋め込む時代が来ればより人間とは何か?をデータとして知る世界に一歩近づく。同時に人間には歴史というデータも存在する。データそのものの重要性が高まる中にあって、寺は今も昔も人々のデータを管理する場であり続けてきた。松本氏によれば今でも先祖を辿る際に、お寺を訪ねる人が多くいるという。理由はお寺では過去帳と呼ばれる個人の法名、死亡年月日、享年を記す帳簿を管理しているからだ。このビッグデータが重要視される時代にお寺に求められる役割は「供養」ではないか、と松本氏は語る。

松本:
法事を務めたり、お葬式も執り行うのですが、その本質は亡き方を記憶することです。その記憶する装置としてお墓があったり、過去帳があったりするわけですが、遺族にとっては個人の法名を記憶することが一連の儀式の枢要な行為になるわけです。ただ、現代の人はものすごく膨大な量のデータを残して亡くなっていきますよね。それをどういうふうに残された人との間にインターフェースを作っていくのかというのは一つの大きなテーマだと思います。
市原:
お墓はよくできていますよね。どういうテクノロジー環境の変化があっても、物理的にお墓はなかなか消えない。弔いのサービスも色々できてきていますが、故人の痕跡をずっと残していくことと、インターネットの刹那性みたいなものを結びつけるのは難しいです。でも、非常にやりがいのある分野だと思います。

スペックという面で人間を超えようとしている人工知能と、人間を超えた仏になる道を目指す仏教は似ている面もあるという松本氏。今後はますます身体性や人間とは何かが切実に問われていくのではないのかと主張した。

松本:
人間の役割を考えたときに最後まで残る職業はなんでしょうか?お経を読んで儀式をやっているだけのお坊さんはロボットに取って代わられていくと思うんです。一方で、仏教を深めたり、認識の開発にまで踏み込む僧侶であれば最後まで残っていく職業になるのではないか、そんな両極端な職業だと思っています。

これに対し、松尾氏は他の職業、例えば教師や医師も例外ではなく、価値や感情を汲み取りながら職能を向上させていく職業は皆、淘汰の波にさらされていくという見方を示した。モデレーター西村氏が対面で人間の機微や関係性を勘案しながら醸成されていく恋愛に話を展開したとき、人工知能研究の松尾氏も思いもよらぬ展開が...?

「あなたは人工知能と恋愛できますか?」アーティスト市原えつこが創造する未来の恋愛

構成:長谷川リョー

SENSORS Senior Editor
1990年生まれ。フリーライター。これまで『週刊プレイボーイ』『GQ JAPAN』WEBなどで執筆。「BOSCA」編集長。東京大学大学院学際情報学府在籍。最近の関心領域は「人工知能」。将来の夢は馬主になることです。
Twitter:@_ryh


写真:延原優樹

最新記事