ビジネス活用からレースまで、国内外のドローンの「いま」がわかる!【SENSORS ACADEMY VOL.1】

2016.05.25 19:00

エンターテインメントの未来創りに挑戦するイノベイティブな方々と共に創り上げるSENSORS.jpには、VR、人工知能、ドローンといった最新のテクノロジー活用の事例が集積している。
そのSENSORSが主催する『SENSORS ACADEMY』が始動。毎回各分野の第一人者を講師として招き、最新動向や彼らのチャレンジを学ぶことにより、参加される皆様が今の時代に必要な知識を身につけることを目的とする。第一回目のテーマはドローン。登壇者達とセミナー後に交流できることも魅力と感じて欲しい。

ogp_sensors_drone.jpg

【日時】
2016年5月25日(水) 19:00-22:00 (開場18:30〜)
【会場】
東京 渋谷 TECH LAB PAAK
【アジェンダ】
■19:00-19:10 オープニング〜SENSORSが追ってきたドローン〜
■19:10-19:50 世界のドローン事情を探る『ドローン最前線』
■19:50-20:20 ドローンは我々の生活にどのような変化をもたらすのか?「ドローン社会共創コンソーシアム」
■20:20-20:45 若手ドロニストによるレース&自作ドローン
■20:45-22:00 プレゼントジャンケン大会&懇親会
【定員】
30名
【会費】
3,500円
【主催】
SENSORS
【対象者】
ドローンビジネスを検討されている方、ドローンについて興味があり最新情報を知りたいと考えている方
【参加URLはこちら】
http://eventregist.com/e/sensors_drone

【アジェンダ詳細】

■19:10-19:50 ドローン最前線動向紹介
スピーカー:drone.jp編集長 猪川トム

ドローン専用メディア「drone.jp」編集長として国内外のドローンメーカーを取材し、イベントや展示会を歩き渡る猪川氏は日本国内ではトップクラスのドローン専門家である。日本メディアとしてDJI中国オフィスを初訪問したのも猪川氏である。ドローン元年である2015年から毎月一回は海外ドローン専用展示会を訪ね訪問国はアメリカ、ドバイ、イギリス、オランダなど10カ国を越える。当セッションでは世界のドローン業界の最新動向を紹介する。(聞き手:SENSORS.jp編集長 西村真里子)

■19:50-20:20 ドローンは我々の生活にどのような変化をもたらすのか?
スピーカー:ドローン社会共創コンソーシアム事務局長 南 政樹、坂本義親(株式会社ORSO)

ドローンが生活に溶け込む時代に備えた「ドローン社会共創コンソーシアム」を主催する慶応義塾大学SFC研究所。様々なドローンコンソーシアムが存在する中、当コンソーシアムが目指す社会について南事務局長とメンバー坂本氏に伺う。

■20:20-20:45 若手ドロニストによるレース、自作ドローン
スピーカー:慶応義塾大学SFC KARTチーム

慶応義塾大学SFC研究所の学生達で構成されたドローンレースチーム『KART(KEIO AERIAL ROBOTICS TEAM)』。先日ドバイで開催されたドローンレースにも出場し、世界トップレベルのレースを多く見ている彼らは若手の"ドロニスト"として最も注目されている存在だ。チームは自作ドローンを開発するために中国深センにも赴く。現役大学生がドローンおよびドローンの先にどのような世界を見ているのか?体感するのに有効なセッションである。(聞き手:SENSORS.jp副編集長 市來孝人)

【登壇者情報】

drone.jp編集長 猪川 トム:
関連記事:ドローンを見れば世界のテクノロジートレンドがわかる - DRONE 編集長インタビュー

ドローン社会共創コンソーシアム事務局長 南 政樹:
1973年石川県出身。慶應義塾大学でInternet of Things(IoT)とサイバーフィジカルシステム(CPS)の研究に従事。同時に国内初の大規模コンテンツ配信(CDN)事業者であるアクセリア株式会社を創業し経営に携わる。 現在は、データ化可能な社会の様々な状況や人々の行動のうち、その対象ではなかった「宙ぶらりんなデータ」を流通させ、価値を創造する研究に従事。その中で、ドローンを「地上1mmから150mまでの空間を守備範囲とするIoTデバイス」として捉え、インターネットのように当たり前の存在となる「ドローン前提社会」を標榜している。この新たなプラットフォームの可能性と課題を共有し、広く議論する場として「ドローン社会共創コンソーシアム」を設立した。

ドローン社会共創コンソーシアム 坂本 義親(株式会社ORSO):
株式会社ORSO 代表取締役社長 Founder/慶応義塾大学SFC研究所所員。2001年国立音楽大学声楽専攻在学中に、有限会社セルを共同で創業。 代表取締役副社長/CTOとして「いろメロミックス(dwango)」「モバゲータウン(DeNA)」「DeviceCentral(adobe)」をはじめとする携帯電話向けサービスに携わる。2007年同社を退任。株式会社ORSO代表取締役社長(現任)。ソーシャルゲームの演出・グラフィック制作や、「ジブリの森」、北海道大学COI連携「家族健康手帳」などのサービス開発を行う。2014年より新規事業開発としてMoffへの投資や、ドローンのテストフライトに着手し、開始から1年半で1700フライトを達成。日本初のドローン専攻(デジタルハリウッド・ロボティクスアカデミー)にてケーススタディ、操縦技能訓練等の講師や、慶応義塾大学SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアム研究所員を務め、ドバイで開催のドローンレースWorld Drone Prixでは慶応学生ドローンレースチームKARTと共に参戦し、グローバルドローンエンターテイメントの分析と日本での実現方法を研究。

KEIO AERIAL ROBOTICS TEAM 高宮 悠太郎:
慶應義塾大学4年 環境情報学部 パイロット/代表。大会Catalystドローンレース 2015 Tokyo準優勝/DIC出場/大会SZ FPV Racing Club /スマートモビリティ自動運転研究/アマチュア無線4級/ヘビーウィンドサ ーファー/株式会社バトンのゲームプログラマー

KEIO AERIAL ROBOTICS TEAM 佐藤 健史:
慶應義塾大学4年 環境情報学部 パイロット/メカニック。Fabコンサルタント/自宅に3Dプリンター/ものづくり系メディアで連載、人気記 事ランキング1位を獲得

【ドローン プレゼントのチャンス!】
Screenshot 2016-05-17 19.23.48.png drone present.png
Parrot MiniDrones "飛ぶドローン""2輪で走るドローン""水上を走るドローン"の中から各1点、来場者+Facebook naviでのFacebook Live(冒頭のみ配信)視聴者の中からプレゼントのチャンス!

【Facebook navi視聴者プレゼント】

fb navi.jpg

【Facebook navi】でのFacebook Live(冒頭のみ配信)にてSENSORS ACADEMYを視聴いただきました方に"2輪で走るドローン"をプレゼント!
お申し込みフォームにアクセスし、Facebook Live番組内で出たキーワードを入力し応募ください。
→お申し込みフォーム
※応募〆切:5月27日(金) 24:00

最新記事