人工知能(AI)は人類をローマ時代へ引き戻す?〜落合陽一×冲方丁×ドミニク・チェン×松尾豊

2016.03.14 12:00

2月26日、虎ノ門ヒルズで行われた「SENSORS IGNITION 2016」にて行われたセッション「人工知能が生み出す未来」に落合陽一、ドミニク・チェン、冲方丁、松尾豊ら人工知能にまつわるトップランナーたちが登壇。メディアアート、起業家、作家、研究者というそれぞれの立場から人工知能(AI)論を語り尽くした。

日本の人工知能研究を牽引する東京大学大学院准教授・松尾豊氏、アニメ「攻殻機動隊ARISE」シリーズの脚本を担当する作家の冲方丁氏、偏愛コミュニティ"シンクル"を開発・運営し、人工知能にも造詣が深いドミニク・チェン氏、そして自然と計算機がミックスされ分断不可能になった世界観【デジタルネイチャー】の研究を行う落合陽一氏が登壇。モデレーターは博報堂DYメディアパートナーズ・森永真弓氏が務めた。
後編:【人工知能 対談】落合陽一×冲方丁×ドミニク・チェン×松尾豊「魔法との付き合い方」 も合わせてどうぞ。

【写真、左より】モデレーター・森永真弓氏、松尾豊氏、冲方丁氏、ドミニク・チェン氏、落合陽一氏

■"AIテクノロジーの世界"で子供達は魔法に使われるのか、それとも自らが魔法使いになるのか

トークの冒頭で松尾氏が紹介したのが、Boston Dynamicsが先月公開したヒューマノイドロボット「Atlas」の最新動画だ。米・国防高等研究計画局(DARPA)が昨年開催した「ロボティクス・チャレンジ」の様子をみて、1〜2年後には二足歩行が可能になると予測していたという松尾氏。事実、Atlasは自律的に歩行し、目的遂行が行えるレベルに達している。

動画の後半、人間によって作業を妨害され倒されても、自ら立ち上がり目的を遂行している。
松尾豊
(以下、松尾):
この動画で面白いのが、後半の人間にロボットがいじめられている部分。これを見せられると、「なんだか可哀想」とロボット側に感情移入しちゃいますよね。ロボットを作る側としては、そっちの方が多分良いんですよ。
森永真弓
(以下、森永):
たしかに家庭用ロボット掃除機にしても、いつしか名前を付けたくなったり、階段でグルグル回っているのをみて愛らしさを感じたりします。ロボットに一種の人間性を見出したくなるんですね。AIの議論では最悪のシナリオが語られることが多いですが、今日はできれば最良のパターンを考える方向に行きたいなと思っています。とは言え、冲方さんは「最悪のシナリオを考える方が面白い」とおっしゃっていましたよね?
冲方丁
(以下、冲方):
ロボットにどう感情移入させるのかというのが、エンタメに携わる我々の仕事でもあります。手塚治虫先生の作品もそうですが、わりと悲劇が主体となることが多いですよね。

イベントの冒頭で、『火の鳥(未来編)』『銃夢』『攻殻機動隊』『アップルシード』『トランセンデンス』『her』といったテクノロジーにまつわる作品をどれだけ知っているかオーディエンスに問いかけた森永氏。それぞれの作品で数多くの手が挙がった。

森永:
人工知能(AI)があちこちで語られていますが、言葉の定義が定まっていないながらも「機能的なものはAIでこれからどんどん置き換わっていく」「今ある職業はX年後にはなくなっている」などをよく耳にします。中間業者たる広告代理店で働いている私も他人事ではないと感じつつも、今後時代を生き抜いていくにあたってどのような能力を身に着けていくのいいのでしょう?
ドミニク・チェン
(以下、ドミニク):
今生まれている子供達はAI的なテクノロジーに触れ合いながら成長していっています。まさしく落合さんが『魔法の世紀』で言われていることですが、彼らはそうした技術をブラックボックスとして付き合っていくのか否か。魔法を使われる側なのか、魔法使いに自分たちがなっていくのかの分岐点がすごく面白いと思っています。
落合陽一
(以下、落合):
今、子供が欲しいと思っているんですよ。結婚してないですけど(笑)子供が生まれたら耳と目にカメラとマイクを付けて、そのデータを毎日僕のMacに食わせる。それでパソコンが僕に「パパ」って言う瞬間がみたい。そうしたら、そのパソコンと子供は絶対に仲良くなれるはずだから。その瞬間から僕たちはもっと変わるんですよ。

■AIを獲得したとき、人類は再びローマ時代に戻る?

森永:
松尾先生の研究室にお邪魔したときに、「外国語の翻訳はあと10年くらいで自動化できる」とおっしゃっていました。そのときに語学翻訳だけじゃなくて、理系や文系、もしくは女子高生と50代のお父さんの会話、というようなコミュニケーションが成り立ちづらい状況をAIの自動意味翻訳で解決できるのか?ということを伺いましたよね。

松尾豊氏(東京大学 特任准教授・GCI寄付講座共同代表)

松尾:
技術的には可能だと思います。ただ、なぜそうした断絶があるのかという原点に立ち返るのが大事だと思うんです。つまり、女子高生が独特の言葉で喋るのは、そうした方が仲間意識が保たれるからだったりします。いくら技術で仲介しようとしても、必ず分かりにくい言葉で話そうとする人は出てくるのではないでしょうか。これはテクノロジーの問題というよりは、人間性の問題かもしれないです。
冲方:
今ある職業って全てAIをはじめとした技術で代替できると思うんですよ。そうした場合に2パターンのシナリオがあると思っています。AIと共存していくパターン。あるいはAIがついてこれない領域を何としてでも作って、そこに人間の砦を築くパターン。もしかしたら三択目としてあり得るのはAIに仕事を作ってもらうこと。AIが職業斡旋をしてくれれば、「あなたのポテンシャルはこういうふうに伸ばせます。なので、こういうふうに就職してください」というようなアドバイスをくれるかもしれない。これでAIが仕事を奪うとされる問題は解決しちゃうかもしれないですね。
森永:
冲方さんは「AIが高度に発達した時代は、ローマ時代に近くなるのでは」とおっしゃられていましたよね。これを詳しく説明していただけますか?

冲方丁氏(小説家、脚本家)

冲方:
AIを獲得するということは、人類が初めて"いじめても良い奴隷"を手にいれるということなんですよね。普通、私たちは奴隷というのは社会の中で存在してはならない悪しき存在として教育を受けています。結果的に奴隷が民主化されて、みんなが少しづつ奴隷になる状況に我慢しているわけですよ。ただ、奴隷という職業がAIによって復活するとき、人間社会はもう一つ高度になると思うんです。奴隷が存在していたローマ時代にあれだけ哲学や娯楽が発達したことを考えると、またああいった状態に戻れるのではないかと思うんですよね。
森永:
またろくでもないことを延々と考えたりするのかな...と思ったりもするのですが、娯楽はさらに発達しますかね? メディアコンテンツ業界の人間には夢のある話なんですけれども。
冲方:
ローマ人は面白いです。倫理観という点では、本当にオールフリーでしたから。殺し合いもさせるし、性倫理なんてあってなき如しですし。それでも社会が崩壊するような腐敗とはちょっと違うんですよね。大量の奴隷が存在しながら、人倫、人徳みたいなものが堂々と議論されていた。なかなか面白い時代です。そういう意味で、AIは社会に非常に良いものをもたらすと信じていますね。

■AIの人権が語られる日もそう遠くない?

森永:
人工知能が高度化していくと、全てが一つの正解に向かうように見えてむしろ、多様性は担保されると松尾先生は以前おっしゃっていました。一方でエンターテイメントの世界の人間は、みんなが求めるもの、みんなにウケるものをビジネス上求めたくなります。大衆に支持されるヒット作は生まれにくくなっていくんでしょうか。
松尾:
冲方さんの方から「奴隷が増える」というお話がありましたが、そうすると何が起こるかというと、たくさん会社ができるんですよね。企業数が増えると、ニッチを追わざるを得なくなります。つまり、自分のマイナーな趣味嗜好が満たされるようなサービスや商品がたくさん提供されるということになっていくんだと思います。
一方でインターネットやニュースアプリで言えることですが、個人に合わせるのが良いという側面とみんなが共有しているから自分も共有したいという性質もありますよね。なので、みんなが見るからヒット作が生まれるという現象は依然なくならないと思います。

ドミニク・チェン氏(情報学研究者・IT起業家)

ドミニク:
突き詰めていくと、人間の欲望の源泉はどこにあるのかという話に行き着く気がします。落合さんがさっき言っていたコンピューターが「パパ」って言ってくるのは実現できるとは思います。ただ、その因果関係は欲望ドリブンではなくて、コンピュテーション・ドリブンだと思うんですね。僕にも今小さい子供がいるのですが、欲望の向かう先が本当にカオスなんですよ。いきなり変なことを要求してきたりする。
冲方さんが言うように奴隷的なものを初めて手にするかもしれないんだけど、Boston Dynamicsの二足歩行ロボにしてもルンバにしても、感情移入し始めると酷使できなくなっちゃうじゃないですか。今度はAIの奴隷問題、もっと言うと人権問題みたいなものが議論されるようになっていく可能性もありますよね。

落合陽一氏(メディアアーティスト・筑波大学助教)

落合:
多様性や同一化の話をするときに、いつも高校時代のことを思い出すんです。当時はギタリストになりたかったんですけど、楽器屋さんに急にパソコンに繋ぐエフェクターが増えていた。大学に入った頃に初音ミクが流行りだして、「これからはギタリストよりもプログラミングできるやつの方がロックスター的になっていく」と直感的に思ったんです。それはなぜかというと、コンテンツよりもプラットフォームの方がヒット作になるから。

■"シンギュラリティ"をいかに考えていけば良いか

森永:
AIの議論の中でよく取り沙汰されるものに、いわゆるシンギュラリティの問題がありますよね。2045年が一つの目安とされていることが通例ですが、松尾先生はどのように捉えられていますか?
松尾:
人間というのは大きく生命と知能から構成されるわけです。人工知能っていうのは知能の発展形なので、生命性とは関係ないと思っています。自己複製するようなロボットができるとまた別なのですが、現時点では関係ない。
生命性に由来する価値や感情に関連する領域は人間の仕事になっていくでしょう。先ほどのBoston Dynamicsのロボットにしてもそうですが、今後は"身体性"が重要になってくる気がしています。日本はハードやインフラに強みを持っているので、モノづくりと組み合わせていくのが重要だと思いますね。
ドミニク:
"シンギュラリティ"という言葉が独り歩きしているような印象もありますが、時期はそれほど本質的な問題ではないかもしれません。それに向かって僕たちはどういう欲望で人工知能と向き合っていくのか。もっとアイデアをどんどん出していった方がいい気がするんですよね。

森永真弓氏(博報堂DYメディアパートナーズ)

森永:
最近、未来の物語だったはずのSFで時代設定された年を、どんどん追い抜いていて、「こんな時代来なかったね」って振り返られることも多い気がします。技術特異点に到達することで社会が変わるみたいなことを物語に設定するときに、作家である冲方さんはどれくらい時代を飛ばそうか、といった発想はどのように考えているのですか?
冲方:
時代設定は今一番やりたくないですね(笑)色んな作品が20XX年にするようになりましたからね。"シンギュラリティ"という言葉に対して、「分かっていなきゃいけない」という風潮があると思うんです。起ころうが起こるまいが関係ない人たちっているわけですが、一方で起こった時に最も影響を受ける人たちもいるわけですよね。一般の人たちが知りたいのはそこの部分だと思うんです。自分に関係があるのかないのか。物語を作る側にいる僕は「みんなに関係あるよ」と書いたりするわけですが、今日聞きたかったのは特に関係ない場合もあるのではないかということ。

後編「魔法との付き合い方」では、落合陽一氏が提唱する「魔法の世紀」が人工知能の文脈から議論される。そして、人工知能を語る上で外せない「人間性とは何か?」という問いの核心に迫っていきながら、生命・知性・幸福といったキーワードが浮かび上がった。

取材・文:長谷川リョー

SENSORS Senior Editor
1990年生まれ。『SENSORS』や『WIRED.jp』などで編集者/ライター。これまで『週刊プレイボーイ』『GQ JAPAN』WEBなどで執筆。東京大学大学院学際情報学府にてメディア論を研究。最近は「人工知能」にアンテナを張っています。将来の夢は馬主になることです。
Twitter:@_ryh

写真:延原優樹

おすすめ記事

最新記事