【人工知能 対談】落合陽一×冲方丁×ドミニク・チェン×松尾豊「魔法との付き合い方」

2016.03.15 10:15

2月26日、虎ノ門ヒルズで行われた「SENSORS IGNITION 2016」の最後に行われたセッション「人工知能が生み出す未来」に落合陽一、ドミニク・チェン、冲方丁、松尾豊ら人工知能にまつわるトップランナーたちが登壇。メディアアート、起業家、作家、研究者というそれぞれの立場から人工知能(AI)論を語り尽くした。

日本の人工知能研究を牽引する東京大学大学院准教授・松尾豊氏、アニメ「攻殻機動隊ARISE」シリーズの脚本を担当する作家の冲方丁氏、偏愛コミュニティ"シンクル"を開発・運営し、人工知能にも造詣が深いドミニク・チェン氏、そして自然と計算機がミックスされ分断不可能になった世界観【デジタルネイチャー】の研究を行う落合陽一氏が登壇。モデレーターは博報堂DYメディアパートナーズ・森永真弓氏が務めた。

前編「人工知能(AI)は人類をローマ時代へ引き戻す?」ではBoston Dynamics社が先日発表したヒューマノイドロボット「Atlas」を例に、人工知能を獲得することで人類は初めて"いじめても良い奴隷"を手に入れたのではないか?という提起が冲方氏によりなされた。つまり哲学や娯楽が花開いた古代ローマのような時代が再興するという可能性であり、「AIが仕事を奪う」という悲観論とは対極の見方と言える。
後編では落合氏が提唱する"魔法の世紀"についても人工知能の文脈から議論が行われ、"人間らしさ"とは何か?という核心に迫っていく。

【写真、左より】モデレーター・森永真弓氏、松尾豊氏、冲方丁氏、ドミニク・チェン氏、落合陽一氏

■"人間らしさとは何か?"AIが必然的に突きつける問い

落合:
"シンギュラリティ"の話になると、いつもテコの原理を思い出すんですよ。ようは力学的インターフェースを発明してから、時計を組めるようになるのにだいぶ時間がかかるんです。単純に言えば、今のディープラーニングにしてもデータでテコの原理をやっているだけ。テコとテコを組み合わせて歯車を回すにはまだ時間がかかるんじゃないかという話。

森永真弓氏(博報堂DYメディアパートナーズ)

森永:
たしかにイギリスの産業革命にしても、約100年かかったと言われています。あの渦中にいた人たちは「うわー、俺いま革命中だぜ」って思って生きてはいなかったでしょうし。まだ今は、変化が緩やかで、ブーストがかかっていない時期なのかもしれないですね。
一方で人工知能の議論を突き詰めていくと、必ず突き当たる「人間らしさとは何か?」という問い。研究者である松尾先生はどのように考えられていますか?
松尾:
例えば、高所恐怖症。高いところにいると怖い感じがする。この感覚って良くできていると思っていて、なにも落ちて学んでいるわけではないですよね。落ちたら死んでいるはずなので。それにも拘らず、怖いと感じるのはかなり高度な認知。長い進化の歴史の中で、人間の知能の発展と組み合わさった遺伝的な成長の指標というのが刻み込まれているからなんです。そこをハックするのはかなり難しいというか、ほぼ不可能だと思うんですね。なので、そこに由来する仕事というのは絶対に真似できないので、人間らしさとして残ると思います。

ドミニク・チェン氏(情報学研究者・IT起業家)

ドミニク:
人工知能に関する本の中でよく登場する話ですが、AIのソフトウェアに音楽を作らせるというものがあります。バッハ風に曲を作って、コンサートで披露します。最初に「これはコンピュータで作りました」と種明かしすると、誰も拍手しない。一方で「これは僕が作りました」と嘘をつくと、「君は天才か!」とみんなが拍手する。
森永:
AIか人間か、で受けての態度が違ってきてしまうという話で思い出したんですが、ドミニクさんと『銃夢』について話をしていたときに、SFの世界ではやたらスラム街のような荒廃した場所で人工知能とは無縁の世界に行きている人間が主人公のことが多いよね、と話題になりました。冲方さんは「いや、そうしないと共感が得られないじゃないですか」とおっしゃっていましたが、こうした共感のポイントはどういうふうに設定しているのですか?
冲方:
物語を作るときには、常に色んな形で共感するシステムというか装置を組み込んでいきます。"共感"の根本にあるのは、「自分に似ている」という感覚。大概は"欠点"や"弱さ"だったりするんですよね。ただ、それが人間らしさになるかというと、そうでもないわけです。物語の役目はその逆。残虐な主人公を通して、人間の道徳を学ぶこともできるわけです。
先ほどの落合さんの話に関連付ければ(前編参照)、時計が発明されたことによって人間社会は"時間"という共通尺度を手に入れました。そのことによって巨大な集団活動が可能になったのですが、そこで失われた人間性と獲得された人間性の両方がある。AIが我々にどんな人間性を要求してくるのか、もしくは発明させるのか。それを人間がどう受け入れるのか、共有していくのか。そういう問題は一つあると思います。

■「私以外私じゃない」を哲学的に考察して、"人間性"に迫る

落合陽一氏(メディアアーティスト・筑波大学助教)

落合:
「人間性を捧げる」って僕はよく言うのですが、人間っぽいことを全部捨てちゃった方がいいんじゃないかと思うんですね。ある哲学的な思考実験でこんなものがあります。どこでもドアに入って、自分の身体が木っ端微塵になり、その後また再構成されたらその人は果たして同一の人間と言えるのか。大抵の人は一度自分が死んだらそれは自分じゃないとなると思います。でも「死んでも、それは僕だから良いんじゃない?」ってなると人間は壁を超えたようになる。その瞬間がみたい。
冲方:
古代から現代まで伝わる神話の象徴を紐解いていくと、人間というのは常に変容していて、自己でなくなり自己になるということを問うているわけです。それを人間そのものの精神活動の現象として捉えることはそう難しいことではないと思うんですよね。人間の細胞は何週間かで全て入れ替わるわけですから。それでも「自分は自分である」と思い続けている理由、ないし思い続けようとしている何らかの意思。これをいかに象徴化して自覚するかということを物語は昔からやってきたんです。

松尾豊氏(東京大学 特任准教授・GCI寄付講座共同代表)

松尾:
僕は自己同一性というのは要するに、時間方向の抽象化だと思っています。抽象化能力が高くて、それを記憶して時間方向に抽象化できる主体があれば自己の同一性は感じるのではないでしょうか。

■魔法に使われるか、それとも自分が魔法使いになるのか

森永:
スライドに少しふざけて書いてみましたが、気になるのは自分が今後人工知能をはじめテクノロジー(魔法)を使う側になるのか、使われる側になるのか。まじないが科学になり、科学が魔法になっていく話と言えば、落合さん。少し解説していただけますか?
落合:
コンピューターやiPhoneの仕組みは分からないけど、日常的に使ってる人は多いですよね。要するに技術のブラックボックスの中に生きているというか、あらゆることが魔法のようになってきた。ある時点まではホワイトカラーの最上部の人は魔法の仕組み自体を理解していましたが、今はどれだけ頭が良くても魔法が社会の中で複雑化しすぎていて把握しきれない。詳しくは『魔法の世紀』という本に書いています。
森永:
そうした時代の変化の中で、人間はいかに存在価値を出していけますかね?四名の方それぞれから意見をお聞きしたいです。
松尾:
魔法というのはあくまでも手段。やりたいことを決めるのは人間ですね。ただ、魔法化はどんどん進んでいきます。今の魔法はある人にとっては魔法じゃないのが、他の人にとっては魔法に見える。機械学習というのはそれと近いですが、誰にも理解できないような技術っていうのはだんだん出てくると思います。
森永:
ドミニクさんは娘さんを魔法使いにしたいとおっしゃっていましたよね?(笑)
ドミニク:
いかに三歳児にプログラミングを教えるのか。まだ解決策は見つかってないんですけどね。友達のインターフェース研究者がこんな面白いことを言っていました。人間の無意識そのものが人間にとってのビッグデータで、意識っていうものはそれを上手く勝手に処理してくれている人工知能みたいなものではないか。つまり人間の脱魔術化が進んでいるからこそ僕は"クリエイティビティ"に興味があるんです。魔法的ではあるけど、それがどういう原理で動いているのかをまず解き明かしていく。

■生命・知性・幸福を持ち続けるための"イニシエーション"

落合:
自分の補集合で作ったコンピューター知能と自分のセット、これですごい良い人生だったみたいなことってあり得ると思うんですよ。LINEで何かを聞くと大抵答えてくれるニュータイプ。「友達と一緒に遠いところまで来たけど、それはそれで楽しかったな」みたいな。合理性の動物としてのコンピューターと非合理性の動物としての人間って分けて共存することでもうちょっと楽しく生きれると思うんです。

【写真右】冲方丁氏(小説家、脚本家)

冲方:
「魔法」という言葉がどこから来たかと言えば、そもそも宗教なわけですよね。人間は本来、未知のものをいかにして受け入れて扱い、それを邪悪なものと聖なるものと日常のものに分けるのかということをずっとやってきた。全員が魔法使いになる必要もないし、魔法を知る必要もないんですけれども、重要なのは"イニシエーション(儀式)"をどうやって持つかということでしょうね。テクノロジーが悪辣な使い方をされたとき、どのように身を守るのかということをいかに学び教えるか。
人間が決して言葉にし得ない生命ないし知性ないし幸福の実感ですね。この実感をいかにしてイニシエーションとしてみんなで持ち続けるか。社会が魔法に包まれていったとしても、みんなを一つの共同体に落とし込み続ける上位の知恵が生まれてほしいなと僕は思ってるんです。

四者四様の人工知能観が語られたセッション。とりわけ"シンギュラリティ"がディストピア的なイメージと共に語られることの多い人工知能であるが、社会制度や倫理観を設計し、決定していくのは人間に他ならない。様々な調査が予測するように、現行の職種の多くが今後人工知能によって代替されていく可能性は高い。一方で単純労働から解放されるということは、新たなクリエイティビティが発現する可能性があるということでもある。つまりシナリオは複数ありえるのだ。そしてそのシナリオを描くのは、"目的"を持つことのできる私たち人間に他ならない。

取材・文:長谷川リョー

SENSORS Senior Editor
1990年生まれ。『SENSORS』や『WIRED.jp』などで編集者/ライター。これまで『週刊プレイボーイ』『GQ JAPAN』WEBなどで執筆。東京大学大学院学際情報学府にてメディア論を研究。最近は「人工知能」にアンテナを張っています。将来の夢は馬主になることです。
Twitter:@_ryh

写真:延原優樹

おすすめ記事

最新記事