欧州最大級フェス「Sónar」ピッチコンテスト優勝--KAGURA 中村俊介に聞く喜びの声・今後の展開

2016.06.19 13:45

身体の動きをPCに付属のカメラで認識することで直感的に音楽を演奏できるソフトウェア「KAGURA」が、バルセロナで6月16〜18日にて開催されたヨーロッパ最大級のフェス「Sónar 2016」内の「Startup Competition」で優勝。更にグローバルで投資を手掛けるエンジェル投資家によるネットワーク「Keiretsu Forum」による特別賞も受賞というダブル受賞となった。

kagura_sonar_1.jpg

「KAGURA」を手がける しくみデザインCEO 中村俊介氏(中央)

■ヨーロッパを中心に、世界中から集まった100数社から選ばれた30社が登壇

「Sónar」は"Music, Creativity and Technology"を掲げて1994年から開催されているフェスティバルで、「Sónar +D」は2013年にそれまでの業界人向けカンファレンスにテクノロジー、スタートアップ要素を加えたカンファレンス。今年はVR、AI、データなど最新のテーマを取り入れた展示やトークセッション、プロダクトのデモンストレーションが行われている。

KAGURAは、これまでもIntel Perceptual Computing Challengeでの優勝、Microsoft Innovation Awardのサムライインキュベート賞など様々な賞を獲得しているが、今回はヨーロッパを中心に世界中から集まる、エンターテック・スタートアップ100数十社から選ばれた30社が「Startup Garden by RICOH」で展示を行い、さらに審査に残った10社がファイナリストとしてピッチを行った。

kagura_sonar_4.JPG

kagura_sonar_5.JPG

6月17日朝10時30分(現地時間)から行われたピッチコンテストでは、既にAppStoreでフィーチャーされているアプリを提供するスタートアップや、エンタメ企業との豊富な取引実績のあるスタートアップも顔を並べた。

KAGURAのピッチでは、CEOの中村俊介氏がPCからモニターに出力できないといったトラブルを乗り越えてデモとプレゼンを行い、質疑応答ではアドバイザーを務めるエンターテック・アクセラレーター鈴木貴歩氏がビジネス面の質問に回答。

審査員はヨーロッパやアメリカで投資活動を行っているVCやエンジェル投資家、アクセラレーター等で構成されており、質疑応答ではかなり突っ込んだ質問も各スタートアップに投げかけられた。

kagura_sonar_2.JPG

■Kickstarterへの挑戦に弾みをつけたい

そして受賞直後の中村氏へメールインタビューを実施。喜びと今後の展開に向けての声をお届けする。

--どんなピッチをしたのでしょうか。

中村:
まず、6分しかなかったので、実演をできるだけ盛り込めるようにしました。また、演奏だけではなく、自分で音楽が作れるところまでその場で披露しました。
そしてビジネスモデルに関しては、細かい数字よりも、いかに「誰もが音楽を作って演奏できる」ということを新しい文化として世界に広げたいのかという点を話しました。
これらの内容は、「Sónar」が音楽系のスタートアップが中心かつ起業家や投資家が審査員であったため、実演とビジョンが大事なのではと考えた為です。

--ピッチコンテスト本番について振り返っていただけますか。

中村:
パソコンがどうやってもモニターに表示できず、焦りました。ただ鈴木さんがいてくれたので、iPhoneを接続してカメラモードで画面を撮影してもらって表示する、というトリッキーな方法で乗り切りました。
最初は思ったよりも会場のノリが悪かったので不安になりましたが、演奏してからは盛り上がってくれてほっとしました。ただ、全体的には緊張もせずに楽しかったですね。

--グランプリを獲った感想をお聞かせ下さい。

中村:
もちろんうれしかった...ですが、周りに「グランプリ獲るつもりで行ってくる」などと言ってしまったので、正直ほっとしました(笑)。まず、2番目の特別賞で呼ばれたので、嬉しかった反面「グランプリは無いかなぁ」と思ったところのダブル受賞となったので、意表を突かれた感じでした。これで次のステップ(Kickstarter)に弾みがつけられる!というのが一番です。

--「Sónar」に参加したことで、どのような収穫がありましたか。

中村:
感覚的なものではありますが、ヨーロッパの音楽文化にKAGURAは合いそうだと感じられたことが大きいです。また、ヨーロッパのキーパーソンに多く知り合うことも出来ました。

KAGURAは7月にKickstarterに挑戦することが発表されており、「まずはKickstarterを頑張り、その後は、海外のアーティストとコラボをすることで、日本への"逆輸入"も目指す」(中村氏)とのこと。今回の受賞で世界展開の第1歩をヨーロッパから踏み出せたと言えるだろう。

また、今回発表された各賞は下記の通り。

優勝:KAGURA
2位:SENSUS~Mind Music Labs社によるモーションセンサーやタッチセンサーを備えるIoTスマートギター
3位:CROSSFADER~turntable.fmの共同創業者が立ち上げたiPhoneを動かしてDJプレイが楽しめ、その様子をシェアできるプラットフォーム
Keiretsu Forum賞: KAGURA
3D Printer賞: The Open Shoes~オープンソースにより個人の足にあったミッドソールを作れるプロジェクト

kagura_sonar_3.JPG

構成:市來孝人

SENSORS Web副編集長
PR会社勤務を経てフリーランスのWebエディター・PRプランナー・ナレーターなどとして活動中。「音楽×テクノロジー」の分野は特に関心あり。1985年生まれ。
Twitter:@takato_ichiki / Instagram:@takatoichiki

取材協力:THE BIG PARADE

エンターテック=エンタテインメント x テクノロジーをテーマにした日本初のカンファレンス/メディア/コミュニティ。
https://thebigparade.themedia.jp

最新記事