「宇宙への興味を0から1に」学生団体『TELSTAR』が全国の高校生に向けてフリーマガジンを発行する理由

2016.07.13 16:00

首都圏の大学生を中心に、さまざまな大学から学生が参加する宇宙フリーマガジン『TELSTAR』編集部では、来る宇宙産業の発展に向けて、様々な分野にわたる人々が宇宙を舞台に活躍する基盤を作るため、全国の高校へ配布しているフリーマガジンを中心に、イベント、webページでの発信を続けている。
学生ながら「宇宙を広報する」という発想に至った理由とはなんだったのか。創設者で初代代表の城戸彩乃さんと今年から代表となった吉田華乃さん、記者の末澤卓さんに、創設のきっかけ、活動の指針について話を伺った。 その中で、「情報を発信する」という現代の情報社会における一つの活動スタイルにおける姿勢について多くを学ぶことができた。

いにしえより人類の興味をかき立ててやまない「宇宙」。歴史の進歩とともに地球上に秘境と呼べるものが無くなって久しい今、宇宙への興味は想像の領域から、テクノロジーを用いて実際にその真理を解き明かすという段階へと移り、その発展は年々加速している。 そんな中で、『TELSTAR』編集部は多くの人が無意識に抱く「宇宙は理系のもの」という考え方に疑問を投げかけ、理系にとどまらない様々な分野から宇宙に関わる選択肢を提案している。学生フリーペーパーの祭典「Student Free Paper Forum 2013」ではグランプリを獲得。高校生をターゲットにした全国的な展開などの精力的な活動、そして宇宙への飽くなき興味を詰め込んだフリーマガジンは高く評価されている。

城戸彩乃さん(写真左)と吉田華乃さん(写真右)

◼︎宇宙に関わるために理転。その経験が生んだフリーマガジンへのこだわり

創設者で初代代表の城戸さんは、現在首都大学東京の航空宇宙システム工学域という理系の大学院で学ぶ学生だ。しかし高校生の頃は文系のコースにいて、外交官になることを夢見ていた。そのなかで、あることをきっかけに宇宙に興味を持ち、のめり込むことになったという。

団体を引退した今も、時たま会議に顔を出し、微力ながらアドバイスをしているという城戸さん。

城戸:
あるとき宇宙ゴミという、宇宙開発の副産物として生まれる宇宙の環境問題について知るきっかけがあり、それを自分の手で解決したい!と強く思ったことが、宇宙に興味をもった大元のきっかけでした。当時文系だった私は、「宇宙のことをやるからには理系に行かなければならない」と思い、そこから理系の勉強をして今の学部に入りました。しかし、学部で工学系の勉強をしながら宇宙に関する情報にアンテナを張る中で、実は文系でも宇宙に関わる人がたくさんいるということに気づかされました。宇宙に関わる法律や、宇宙を舞台にしたビジネスをするにあたって経済や経営にまつわることをバックグラウンドにしている方が多くいる。JAXAでも、後方支援を担当する部署の方には文系出身の方が活躍しているのです。

宇宙開発は理系に限ったことではないということが、これから宇宙開発が発展していくなかでより多くの人に知ってもらう必要があると感じたこと。そしてなにより、高校生だった頃の自分がそのことを知っていたら、文系で学ぶことを生かして宇宙に関わるなど、いろんな可能性を吟味した上で理系に転向するということができたのかもしれないと思ったことが、『TELSTAR』というフリーマガジンを立ち上げるに至った理由でした。 もともと雑誌を読むことは好きだったのですが、立ち上げた当時はフリーマガジンを作成する技術もなにもなかったので、美大生の友達や、宇宙に興味のある友達に声をかけ仲間を集め、試行錯誤しながら制作を進めました。

--現在『TELSTAR』は10,000部を発行し無料で配布されていますよね。その配布先は高校が多いと聞いています。それはそういった想いに由来しているのでしょうか。

城戸:
当初立ち上げた段階で初めて作ったフリーマガジンは1,000部で、自分やメンバーの出身校に配布していました。そこから3,000、5,000と増やしていき、最終的に3年目で10,000部を安定して発行するという所に落ち着きました。その理由として、全国の高校に必ず1部は届くことを目指しているということがあります。全国に高校は大体8,000校あって、10,000部発行して送付すれば、大体1校に1部、図書館の棚など高校生が触れられる場所に置くことができる。その意味で10,000部を安定して発行するというのは、団体を立ち上げてからまず達成するべき目標でした。フリーマガジンという形態も、高校にものとして置くことができるということだったり、何回でも読み返せるということだったり、webサイトにはない魅力を持っているので、あえて選んでいます。
高校生が偶然手に取ったフリーマガジンから、宇宙に関する生の情報に触れることができれば、「宇宙って難しいからいいや」というように避けるのではなく、自分も活躍できるかもしれないと思えるということを目指したかったんです。

あくまで可愛く、手に取りやすいデザインにすることで、「宇宙は難しい」というハードルを下げる工夫をしている。

末澤:
今は情報を自分から調べる時代じゃなくなってきていると感じています。Twitterで流れてくる情報を追うのに必死で、自分から宇宙について検索する機会ってあまりない。そんななかで無料で読めるマガジンという形で置かれていると、自然と宇宙の情報を受け取ってもらえるのではないかと考えました。
マガジンを配布したあとに、アンケート調査も行っていて、その結果を見ると10,000部のうち77%が高校生に届いています。高校の他にも、各地の科学館など公共の施設に置かせてもらったり、定期購読という形で大学生以上の人にも直接届けるということをしています。
団体を立ち上げてから今年で4年目で、地方の高校にも届くようになり、これからは高校生が宇宙に対してどんな意識を持っているのかについての調査も含めて、フリーマガジンという強みを生かして、配布をより緻密に行うことを目指していく方針です。

運営費の援助をしてくれた方を「一口宇宙飛行士」として巻末に掲載している。

--フリーマガジンに加えて、宇宙にまつわるイベントも定期的に行われているという風にお伺いしました。フリーマガジンとの性質の違いについても考えながら刊行されているのでしょうか。

「城戸さんが積み上げてきたものを踏襲しながら、それを越えていきたい」と語る現代表の吉田さん。

吉田:
私たちの団体の活動の基準として、宇宙にまつわる知識をフリーマガジンを通して「広める」こと、読んだ人がその内容について「深める」ようになること。そして宇宙に興味のある人同士を「繋げる」ということを基本理念として様々な企画を行っています。フリーマガジンで宇宙のことについて広めながら深められるものを作成する。そしてそこで興味を持ってくれた読者同士をつなげるリアルなイベントを行うことは、雑誌という媒体だけではできない部分でもあるので、精力的に行っています。 昨年度の3月には、その理念を一気に実現してしまおうということで、全国の『TELSTAR』読者の高校生を100人集めて専門家による宇宙に関する講演、交流会を行ったりもしました。今年度から城戸さんが現役を引退し私が代表となるのですが、そういったリアルイベントで得ることのできる質の高い情報をマガジンの方で積極的に発信し、イベントではより「繋げる」ことを意識して継続的に『TELSTAR』のファン、ひいては宇宙に関わるあらゆることに興味を持ってくれる人を増やしていくことを方針としていきたいと考えています。

◼︎理系の言葉をわかりやすく「翻訳」する。宇宙について伝えていくために大事なこと

--これまでで、印象に残った出来事を教えてください。

末澤:
一番嬉しかった出来事は、初めて記事を担当した号を配布した先の高校の先生から、「非常にわかりやすく作られていて、ぜひ教材として使わせて欲しい」と言う連絡をいただいたことでしたね。自分は城戸さんの学部の後輩で、人工衛星を作るための研究をしている根からの理系としてTELSTARの活動に参加していたのですが、初めて担当した記事のテーマが「天体望遠鏡」でした。もちろん全く自分の専門でない分野について書く必要があったので、とにかく調べて書いたのですが、城戸さんに「難しすぎて高校生にはわからないよ」と言われて突き返されてしまって(笑)。初めて知る知識など、感銘を受けた内容をそのままの状態で書くことを意識した結果、非常にわかりやすく書くことができました。

自身が担当した記事について語る学部三年生の末澤卓さん。

城戸:
TELSTARらしい記事ってなんだろうということを考えると、高校生に「宇宙のことを好きになってもらう」ことは大前提として、その後の「もっと知りたい」という気持ちを少しでも増やしてあげることが大事になるかな、と思っています。宇宙に関することを書いている雑誌はたくさんあるし、情報は少し調べればたくさん出てくる。でも、高校生がわかるためにはもっと平易な言葉で、わかるように書いてある必要があると思います。その意味で、TELSTARは専門的な情報に触れる前のワンクッションとして機能するべきなんじゃないかと考えて、文系や美大の学生仲間の意見を取り入れながら制作しています。

城戸さんが最も心を砕いたという第6号『今さら聞けない宇宙のコト。』
宇宙にまつわる知識の入門書として、手に取った後も何度も読み返したくなるものを目指したという。

城戸:
こういう風に考えて作っていると、実際に宇宙に関わっている人にも多くの賛同をいただけるということもあります。宇宙に携わっている人たちは、国民の税金を使っているということもあって、理解してもらうことの重要さをわかっている。でもどうやって理解して貰えばいいかわからないということをジレンマとして持っている人が、実は多くいるんです。いいことだよね、と言って応援してくれる人が多いのはとても嬉しいですね。

--もともと文系だったからこそ、そうやってわかりやすく伝えることを大事にしているのですね。

城戸:
優秀な研究者の方にはきちんと研究に時間を使って集中して欲しい。私たちができることは、その成果や内容をきちんと多くの人に伝え、繋いでいくことかなと思っています。もともと文系で、たまたま宇宙のことに興味を持った人間だから、難しいことがわからなくて投げ出してしまう気持ちにとても共感出来る。だからこそ、もっと伝えていく必要があると思うし、その気持ちがわかる人が伝えることに時間を使う間に、優秀な研究者の方はより自分の研究に集中できる環境を作っていけることにつながっていくのかな、と思っています。

取材に伺った日は自由が丘にあるフリースペースを使い次号のテーマについてミーティングをしていた。 現在の新入生の多くが高校生の時『TELSTAR』の読者だったという。
城戸さんも「自分たちの想いが、きちんと届いているんだ、と身をもって感じました」と語っていた。

テクノロジーの進歩とともに、あらゆることが細分化され一言で説明がつかなくなっている現代。 多くの人にとって、「わからないからいいや」と見逃されてしまうテクノロジーの細やかな知識はとても多い。 宇宙開発にまつわる知識はまさしくその最たる分野だ。多くの人の遥か真上に確かにありながら、宇宙について知ることは「なんとなく難しい」という精神的なハードルによって阻まれてしまう。 その問題について真摯な目で見つめ、若い世代へとターゲットを絞りその興味を掻き立てることに努力を惜しまないTELSTARは、いずれくる宇宙の時代に活躍する騎手を今この瞬間も生み出しつづけている。

取材・文:兵藤 友哉

1995年生まれ。フリーライター。早稲田大学文化構想学部表象メディア論系在籍。専らの興味は「メディアテクノロジーの進歩による人間の認知の更新」。SENSORSでは「VR」「ドローン」の記事を担当。
Twitter @do_do_tom

最新記事