ドミニク・チェンが語る、人工知能を超える「超知能」との付き合い方

2016.03.24 10:00

2月11日、新宿・初台にあるメディアアートの美術館、NTTインターコミュニケーションセンターにてドミニク・チェン氏が監訳した『シンギュラリティ 人工知能から超知能へ』の刊行記念トークイベントが行われた。
ゲストには筑波大学で人工生命を研究しており、ドミニク氏とはウェブサイエンス研究会というコミュニティで共に活動する岡瑞起氏、アート、カルチャーとサイエンスを編集の名の下にひも付けながら異分野同士の化学反応を起こす編集者・塚田有那氏が登壇した。

◼︎イギリスの人工知能研究の大家が記した、人工知能の可能性を探る本、『シンギュラリティ 人工知能から超知能へ』

まず『シンギュラリティ 超知能から人工知能へ』とはどういった本なのか。
著者のマレー・シャナハンはロンドンのインペリアルカレッジで認知ロボティクスの分野の大家で、人工知能の社会実装、社会にどのように活用していくかという研究を行っている。
そんな大学教育の場、アカデミックな場で活躍する著者が執筆したということもあり、人工知能によるシンギュラリティのタイミングがいつかということや、どんなビジネスチャンスがあるかということではなく、もし人間の能力を上回る人工知能が生まれた場合、人間社会にどのような深いインパクトを起こすのかということを問題提起し、現行の人工知能開発に関する技術を出発点として、一つひとつ検討を積み重ねていくという内容になっている。
著者のバックボーンは工学者であり、考えうる可能性を一つひとつ挙げてつぶさに検討していく姿勢は、その分野に詳しくなくとも、人工知能研究で扱われる概念についてより詳細に理解することが可能にしている。
その上で実際に汎用人工知能の出現によって議論が起こるであろう諸々の学問領域について広く紹介しており、いわば人工知能についての学問的な研究の入門書として読み進めることができる。

原著"The Technological Singularity"(Murray Shanahan,2015)の表紙には『2001年宇宙の旅』に登場する人工知能HAL9000が象徴的に描かれている。これは監訳版の装丁にも継承された。

そしてこの本では、人間の意識を再現するレベルの人工知能が出てきた場合、人間をはるかに上回るスピードで自己を改善することができ、かつ自らの置かれた環境をも最適化することができるため、その知能は全能とも言える「超知能」に至るだろう、という前提が置かれる。
その上で、我々人間の価値観がどう変わるのかを問う、ということが一貫して行われていく。超知能の人格を認めるのか、超知能の権利を認めるのか、超知能が感情を示したときに人間は共感を覚えるのか、などと次々と問題提起を行い、それについての検討を重ねる様が非常に興味深い。そこには、多くの人間の理解を超えるかもしれない技術は、人間側の価値観次第で活用方法も変わってくるというシャナハンの主張がある。

◼︎ゲストが語る、現状の人工知能と我々が抱える課題とは。

イベントではそういったシャナハンが提示するさまざまな可能性から、ゲスト二人が着想した人工知能にまつわる課題についてという議題へと移っていった。

左から塚田有那氏、ドミニク・チェン氏、岡瑞起氏。

筑波大学の准教授で、その傍らで企業では起こりづらいウェブやインターネットの生態系・生命性についての議論を行うウェブサイエンス研究会を主宰している岡瑞起氏は、本の帯に推薦文を書いている東京大学の松尾豊准教授の「人間は、知能+生命の二つの項によって成り立つものだ」という主張を引用した。
知能とはある目的を与えられたときに、それを解決するために行使される力であり、一方で生命は生きることそのものを目的としてもつ。松尾氏は、この主張から、人工知能が発達したとしても、それ自体が目的を持つわけではない、ということを言っている。

かつては松尾氏とともに人工知能を研究していた岡氏は、現在「人工生命」という分野に主軸をおいている。 自分自身が研究者でありながら、特段強い研究への動機を持たないという理由から、生命が動機を持つプロセス自体に興味を持ち、研究を始めたそうだ。
そのなかで、そもそも我々が持つ動機というものは、実はあやふやなのではないか?初めから、確固たる動機をもって物事を起こす人間は存在するのだろうか?という問題に直面した。 その「行為が先か、動機が先か」問題を軸に、もし人間たちが行為をしているうちに動機が芽生えてくるのだとしたら、人工知能のような情報技術を使って人間の行為の連続の中で、自身が気づいていない動機を浮き彫りにすることができるのではないか?ということを実際に岡氏が行ったワークショップの事例を紹介しながら提示していた。

そして編集者、キュレーターという立場から、学術とカルチャーの現場をつなぐ役割を担い活躍する塚田有那氏は、「人工知能が創造性を獲得すると言うことはどういうことなのか?」という個人の観点から、疑問点を次々と挙げていった。
昨年夏にドミニク氏なども参加した自身が主宰するSYNAPSEのトークサロンで話されたことや、自身が編集者として、メディア側の立場から、人工知能関連技術の知識が正しく普及することについての問題意識、また人工知能によって未来に生きる人々の人生はより最適化されていくのか、そこに多様性は生まれるのか、生まれたときから人工知能によるレコメンドを受けることになる人工知能ネイティブの子供達がどうなっていくのか、というさまざまな視点からの問いかけだ。
その中で塚田氏が特に強調した部分に、現行さまざまなビジネスを行う企業が、あたらしい技術の登場とそれに伴う時代の潮目を目前にして、これまで接続しなかったような分野同士をつなげ、イノベーションを起こそうとする流れの中で、それを起こすことで人々の価値観がどう変わるのか、この本の中でシャナハンが唱えるような人間の価値観に基づいた議論をする場を求め始めている、ということがあった。
もちろんビジネスというお金の流れを伴う場だけでそれが話題になるだけではシャナハン的な価値観の話にはつながらないが、それがアカデミックな場と上手に接続できるかどうか、が今後の課題になると語った。

◼︎リアルイベントを開催する意義と、「人工知能」という言葉の持つ曖昧さ。ドミニク・チェン氏インタビュー

そして、講演のなかでドミニク氏から再三飛び出した問題意識として、現行の人工知能という言葉に対するイメージへの理解とその実態との間に乖離があるということがあった。
ドミニク・チェン氏に今回のイベントを執り行った意図を伺った。

--今回の『シンギュラリティ 人工知能から超知能へ』刊行記念イベントでは、人工知能についての専門ではないゲストが集まりトークをしていました。あえてそのようにセッティングをした意図や、根底にある問題意識について教えて下さい。

ドミニク:
人間同士のコミュニケーションの手助けをする情報技術の一つとして、人工知能はどのような働きをするのか、私たちの認識や、行動範囲がどう変わるのか、そういった価値観やビジョンの話を、人工知能研究の中心というよりは周辺で活動するゲストたちと直接顔を突き合わせてしてみたいと思ったのが根底にあります。 岡瑞起さんはウェブサイエンス研究会の運営を通して、現在の広義の情報工学に生命性という問題設定を挿入するという非常に本質的な活動を展開されていますし、塚田有那さんはSYNAPSEやその他の編集とキュレーションの仕事を通して技術と芸術文化の境界領域を開拓しています。
というのも、今日の社会のなかで、あらゆる機械学習的アプローチを用いた情報技術が「人工知能」という言葉のもとにひとまとめにされてしまっているという実感があります。

社会全体の中で、医療や福祉、治安の改善など、誰にとっても善となるような技術の使われ方は、議論するまでもなく必要なことですよね。しかし、たとえばゲームの中のNPCに使われる人工知能や、Facebookのフィードをユーザーに最適化するために使われるアルゴリズムのような、よりユーザーとの距離が近い情報技術が区別されず一緒くたにされて議論されるという状況は、本質的な議論を進める上ではあまり好ましくないと思います。 たとえば「人間よりすごい」というイメージだけ先行して、「職が奪われる」といったような悲観論が出てきてしまう。そのせいで、反人工知能主義や、その対極としての一種の人工知能礼賛主義のように極端に話題を煽るようでは、何も発展しません。
人工知能は私たちの生活の中でどのように役立って、人間側はあくまで主体として、どんな人工知能をどう作り、使うべきなのかについて立ち止まって考える時間があってもいいのではないかと思います。この本を監訳する際の動機も大きく言えばそこにありました。
そこで今回のイベントは、全く違う分野で活躍し、それぞれの価値観をもつ人々を一箇所に集めて、人工知能というテーマの下に、そもそも人間とは?未来はどうなるのか?ということについてそれぞれの言葉で語ってもらうことで、ただ一人で本を読むだけでは起こらない、音楽でいうところのグルーヴのようなものが生まれればいいなと思っていました。

フランスやアメリカ、そして日本の文化の中で教育を受けたり、仕事をする中で強く感じたことに、日本では社会的な視点の議論が生まれにくい、ということがありました。もちろんそれが良い、悪い、という話ではないですが、ある技術が特定の分野で役に立つかどうか、というところで止まることが多く、それが社会 的な範囲にもたらす効果や影響、ビジョンについて話がなされにくいと考えたことがありました。
それはなぜかといえば、一概にはいえませんが、それぞれの分野がその分野の中だけで完結してしまい、異分野の橋渡しが十分でないというところにも課題があるのではないかと考えます。たとえば、アカデミックな領域とビジネスが工学系以外の分野、特に社会的な問題意識でもっと接続しても良いはずです。

人工知能に限らず情報技術全般については、実はそれぞれの分野で語られる異なる用語や概念が時に互換性を持ち、一つのあるリアリティについて語っていたのだということもあります。そのことに気づき、共有する場が自分自身ももっと欲しいという想いがあります。
今回は一つの本をきっかけとして異分野の方々を招いて、人工知能という広い意味を持つ言葉についての解像度を上げた状態で、それぞれのどんな現場に役立つのかということはもちろん、そこから提起される問題を掘り起こして、議論をしていく場を作れたらと思いました。社会的な議論を続けることで、つくりたい未来の輪郭を浮き彫りにする。そのことによって、個々人が自らが生きる情報の未来に対する解像度も上げて、よりはっきりとした道筋が見えてくるはずだと考えます。

--イベントを通して、ドミニクさんやゲストのお二人からテクノロジーそのものについての深い洞察を感じ取ることができました。人工知能を始めとするメディアテクノロジーというものを客観的に評価することのできる視点はどのように獲得したのでしょうか。

ドミニク:
まさに僕を含めた今回登壇した三人はテクノロジーに対して諸手を挙げて礼賛することもなく、かといって否定することもなく、ポジティブな視点を持ちながら、実践しながら考えるというスタイルだと思います。

僕自身についていえば、究極的には人間同士のコミュニケーションそのものに興味があります。
元を正せば、文字や本、絵画を始めとする芸術、写真、そして現在の情報技術に至るまで、あらゆるメディアテクノロジーは人間のコミュニケーションを拡張するために生まれてきました。そして他人とコミュニケーションをとるということは、お互いに影響を与え合うことでもあって、それは「相手をハックする」という側面も併せ持ちます(SENSORS長谷川さんに 以前のインタビューで指摘されたように、ハイデガーの「情報は命令である」という表現はこのことに関係していますね)。最も基本的な「会話」というものにしても、その構造を分解していけば、表情や声音の調整、さまざまな手段を用いて相手をハックし、自分のもつ価値観やビジョンを共有しようと試みることだとも捉えられます。
そのような前提に立ってコミュニケーションの拡張について考えていくと、私たちはどのようなコミュニケーションを目指すべきなのか?対話相手をハックすることの根本的な倫理問題があるのではないか?それはどうやって乗り越えられのか?相互に恩恵をもたらす対称的なコミュニケーションの形とは?報道や政治などの社会的コミュニケーションとどう関係するのか?このように、いわゆるIT(情報技術)を抜きにしたコミュニケーションにまつわる原理的な情報の問題から出発して、僕たちが未来にどんな情報技術を作りたいのかということを考えることに興味があるのです。

例えばインターネットの登場によって、人々のクリエイティビティを発揮する場が増えた、ということが確実に言えると思います。その大半はレベルが低いものだ、と言われることも確かにありますが、その一方で、インターネットで生まれたコンテンツが「面白い」と認知されて、社会で評価されるようになる、という価値基準の変容も起こります。インターネットの存在が透明化した今日、テレビしかなかった時代よりも、個々人の活動が評価される機会が増えて、評価されるべくしてされている人が増えて行く。だからこそ、次々と生まれるテクノロジーを否定することよりも、ポジティブに、かつ慎重にその効力について見極める感性が必要になってくる。

確かに、いちいち一つひとつの事柄を良い、悪いと判断することはコストのかかることです。同時に、全てを受け入れる、もしくは全てを否定することはとても楽ですが、思考停止に陥りかねません。だからこそ行き当たりばったりに判断するのではなく、価値基準の軸を自分で構築し、育てていくことが大事ではないでしょうか。それはかつて思想や哲学というものが担っていたことかもしれません。今日のように多種多様の大量の情報にさらされる中で、自分が本当に何をしたいのかがわからなくなっていく、ということはできれば避けたいですよね。

人工知能も言ってみれば人間に使われる情報技術のうちの一つに過ぎません。そしてそれは、我々の認識を拡げるインパクトを与えて、我々のコミュニケーションそのものをアップデートしてくれるものとしてデザインできる。その結果として人間同士のより良いコミュニケーションのあり方を社会に実装できるということにつながっていくのだと思います。

「人工知能も情報技術の一種に過ぎない」。この厳然たる事実が置き去りにされたまま、極端な話題に振り回されて物事の本質を見失ってしまうようでは本末転倒である。自らの考えを表現し相手に伝えること、相手から発せられた情報を上手に摂取し、自らの糧とすること、その間を様々な形で補完する情報技術が、どんな形態をしていて、自らの表現、摂取する情報の質をどのように変えるのかについて常に意識的であること、それが有史以来もっとも多くの情報にさらされている我々に求められていることであり、人工知能は、そんな私たちを手助けしてくれる唯一無二のパートナーとなり得るのかもしれない。

取材・文:兵藤 友哉

1995年生まれ。フリーライター。早稲田大学文化構想学部表象メディア論系在籍。テクノロジーを用いたアート表現を目下のところ勉強中。卒論のテーマは「映像表現における日本語の文字の動的遷移の手法とそれに起因する認知の変化の総量について」。専らの興味は「ポスト・ヒューマニズム」。SENSORSでは「VR」「ドローン」の記事を担当。
Twitter @do_do_tom

おすすめ記事

最新記事