渋谷で生まれたネットレーベルが全国・海外に進出、SXSW出演に至るまで--「TREKKIE TRAX」流のブランディング論

2016.03.17 15:00

2016年3月16日にレーベルのこれまでの活動の集大成として「TREKKIE TRAX THE BEST 2012-2015」をリリースした、渋谷発のインディペンデントなネットレーベル・TREKKIE TRAX。ネットレーベル黎明期に、数多のレーベルが登場し消えていく中で、なぜTREKKIE TRAXは成功できたのか。前編では、結成から現在に至るまでのTREKKIE TRAXの軌跡を振り返り、その全貌を明らかにしていく。

■渋谷にベース・ミュージックシーンをつくりたかった

【写真左より】Carpainter(Taimei)、andrew、futatsuki

渋谷から世界に打って出るインディペンデントな音楽レーベル・TREKKIE TRAX。レーベルの中心メンバーを担うのは、futatsuki、Taimei(a.k.a Carpainter)、andrewと、現在はアメリカを中心に活躍するTaimeiの兄・Seimeiの4人だ。

TREKKIE TRAXは主に若手のトラックメイカーによる純粋なクラブ・ミュージックのリリースを行い続けてきたレーベルで、とりわけダブステップ、ジューク、トラップなどの低音を強調したベース・ミュージックジャンルの日本における先駆的レーベル。

彼らはどのように出会い、TREKKIE TRAXの結成に至ったのだろうか。

2012年初頭、まだ各メンバーが10代だったころ秋葉原のBar&イベントスペース・aki85(2012年6月に閉店)で開催された「U20」という20歳未満限定のDJイベントや、同じく20歳未満の出演者によって開催された「Sabaco Teenage Riot」にメンバーが集ったのが結成のきっかけだ。

andrew:
インターネットを通じて知り合って、クラブの現場で会って、段々仲良くなっていきました。最初はパーティーに遊びに来てくれる人数も本当に少なくて、例えばマルチネレコーズのイベントでコンピCDを配っても全然反響がなかったんです(笑)。

その後、2012年は各々が現場でDJをしつつも、各メンバーのリリースが徐々に増えていく。Seimei & Taimei名義による「Everlasting」や、ベース・ミュージックコンピレーション「XYZ EP」などのリリースだ。現場でTREKKIE TRAXがレーベルとしてパーティーを始めたのは2012年末だという。

☆Taku Takahashi氏が主宰するインターネットラジオ「block.fm」内の番組「Rewind!!!」

2013年に入り、Carpainter名義でマルチネ・レコーズから「Double Rainbow」をリリース、そして2013年の大きな転機となるのが、「TOYOTA ROCK FESTIVAL 2013」への出演と、インターネットラジオ・block.fmで番組「Rewind!!!」を持つようになったことだ。

andrew:
「TOYOTA ROCK FESTIVAL 2013」に出演した時のパフォーマンスを記録した動画をネットに上げたところ、かなり反響がありました。なので当時は、ネットレーベルではなく現場のクルーとしての印象が強くて、楽曲のリリースも「DJでかけたいから」というよりは、レーベルのていを保つためのものでしたね。

また、block.fmの「Rewind!!!」はSeimei、andrew、Carpenterの3人で担当していて、最年少での抜擢だったので、「この年代で番組パーソナリティか」という反響もありました。

その頃、block.fmでも同世代のHyperjuiceやSEXY808(Licaxxx & Redcompass)などのトラックメイカーが番組を持つようになり、レーベル単体ではなく、ベース・ミュージックシーンとしての盛り上がりを感じさせる流れが起きつつあった。

futatsuki:
2013年の間にTREKKIE TRAXのこの3人以外の様々なアーティストの楽曲をリリースすることが増えて、そのアーティストを自分たちのレーベルパーティーに呼ぶ流れができていました。その頃、レーベル所属のアーティストと周辺のアーティストによってベース・ミュージックシーンが生まれつつあったんです。

■イベントをどう差別化するか

2014年に入ると、イギリス・ロンドンのダブステップレーベル「Hyperdub」の10周年パーティーに呼ばれたり、イギリス・グラスゴーのベース・ミュージックの新世代たちのレーベル「LuckyMe」と契約したObey Cityの日本ツアー最終公演でHyperJuice & LEF!!!CREW!!!相手にサウンドクラッシュ(編集部注:出演者が曲を交互に掛け合い、ステージ上で勝負をすること)を行ったりと、一気に現場での露出が増えていく。しかし、レーベルの知名度が上がっていく中で、Seimeiが留学のために渡米することになる。

futatsuki:
今まで新しい現場を切り開いていたのがSeimeiだったので、切り込み隊長がいなくなる不安がありました。しかしSeimeiが旅立った後にサウンドクラッシュの開催が目前に迫っていて、「これを乗り切らないといけない」と思い、そこでメンバーの結束が高まりましたね。

2014年には2周年パーティーをデイ&オールナイトの通しで開催するなど、大掛かりなイベントを何度か開催したTREKKIE TRAXだが、2014年をこう振り返る。

futatsuki:
当時はTREKKIE TRAXというレーベルと、渋谷の音楽シーンを面白くしたいと思っていたんです。マルチネレコーズが開催する大きなイベントのような象徴的なものが、渋谷のユース世代にはなかった。なので、2周年を記念してシーンのまとめのようなイベントを僕たちが開いたんです。

そして2015年に入り、ベース・ミュージックシーンはさらなる盛り上がりを見せる。そんな中、TREKKIE TRAXを大きく育てるためにはどうしたらいいのか。メンバーはブランディングを意識し、レーベルでの楽曲リリースと現場でのパーティーの循環について考えるようになる。

futatsuki:
シーンが盛り上がった結果、同じようなメンツと規模感のイベントを誰でも開けるようになったんです。なので、TREKKIE TRAXとしてはそこから頭一つ抜けだしたことをしなければいけない。なので、2015年はTREKKIE TRAXから楽曲をリリースしたアーティストのショーケースイベントしか開催しないことにしたんです。
Carpainter:
イギリスのレーベル・Lucky Meや、日本のマルチネレコーズのイベントになぜ毎回行きたくなるのか、人が必ず入るのかを考えた時に、やはりレーベルから楽曲をリリースしているアーティストが一堂に会する場になっているのが大きいのかなと感じたんです。

■ネットレーベルを差別化するために必要だったモノ

12/24、1/1にリリースされたAMUNOA、Masayoshi limoriのEP(引用元:block.fm

2014年末から2015年にかけての、Masayoshi limoriとAMUNOAの楽曲リリースもTREKKIE TRAXにとっての転機のひとつとなった。「この音はTREKKIE TRAXっぽくない」といった議論が出つつも、今まで手をつけてこなかった、きらびやかで"未来感のある"シンセサウンドや独特のボイスサンプルを使うFuture Bassという音楽ジャンルをTREKKIE TRAXは貪欲に取り入れていく。

futatsuki:
アメリカに渡って1年くらいすると、Seimeiがサンフランシスコの現場でのつながりをつくれるようになってきたんです。それで当時の西海岸のシーンで人気があったTrapやHipHop、そしてFutureBassをTREKKIE TRAXからも出したいと思うようになって、まさにAMUNOAとMasayoshi Iimoriの楽曲がSeimeiの現場での名刺代わりになり、アメリカで大きな反響を呼んだんです。

Carpainter初の全国流通盤「Out of Resistance」

その後、2015年6月にCarpainterによる初の全国流通盤「Out of Resistance」をリリース。他にも、アメリカ発の音楽配信サイト・iTunesやbeatportでの楽曲配信を展開した。iTunesやbeatportを通じて、日本だけでなく世界に音楽を届ける。そしてCDを通じて今までリーチできなかった層に音楽を届ける。実はこの2つの目的以外にも、TREKKIE TRAXが新しい形で楽曲をリリースした理由が存在する。

futatsuki:
まず前提として、ネットレーベルは簡単につくれるんです。音楽をパッケージングしてzipで配信すればネットレーベルと名乗れますし、TREKKIE TRAXも最初はそこからスタートしました。けれども、「他のネットレーベルができないこと」を実現しないとTREKKIE TRAXの価値は上がらない。そこで、審査が厳しかったりディストリビューターが少なかったりするbeatportに楽曲をリリースしました。

その次に挑戦したのがCDのリリースです。日本において全国流通のCDを出すためのハードルはとても高い。それは言い換えると、日本はまだCDに価値がある国なんだと。せっかくTREKKIE TRAX周辺には素晴らしいアーティストが沢山いるので、彼らがCDを出せる環境をつくろうということで、まず第一弾としてCarpainterの「Out of Resistance」をリリースしました。

■東京と地方のリスナーの違いとは?

CDのリリース後はレーベルとしての活動を意識し、国内ツアーも積極的に行っていった。渋谷でシーンをつくってきたTREKKIE TRAXは国内ツアーで何を感じたのか。

futatsuki:
2014年にやった最初の国内ツアーは、動員が少なかったんです。「地方はこんなものなのかな」と思っていたんですが、2015年はほぼ全ての公演に多くのお客さんが遊びに来てくれました。興味深かったのが、現場の反応も東京と似たものになったことですね。なぜかというと、地方の人が東京のクラブに遊びに来てくれて、地方にツアーで行った時も遊びに来てくれる。その時に同じような感じで盛り上がってくれるんです。

ーー地方に届いている感触は2015年にツアーをする前からありましたか?

andrew:
楽曲リリースの段階で、地方の人に届いている感触はありましたね。東京の人がクラブに遊びに行ける時間に、行けない地域に住んでいる方がblock.fmを聴いてくれているようです。

ーー東京のリスナーと地方に住むリスナーで大きく違う部分はありますか?

futatsuki:
東京の人にとって、TREKKIE TRAXは身近な存在なんです。みんな友だちという感覚が強くて、クラブでリスナーの人も気軽に話しかけてくれる。でも、地方の人はなかなかそれができないので、ラジオやTREKKIE TRAXのTシャツなどの物販購入でサポートしてくれるんです。

■渋谷で開くパーティーに限界を感じた

TREKKIE TRAXの勢いは国内だけで留まることを知らない。2015年には、オーストラリアを拠点にするラジオDJ/プロデューサー・Nina Las Vegasや、Lucky Meに所属するJoseph Marinettiなどの海外アーティストの招致も手がけている。なぜTREKKIE TRAXは海外アーティストの招致を行うようになったのだろうか。

futatsuki:
渋谷で開くパーティーだけでは限界を感じたんです。TREKKIE TRAXのパーティーをもっと価値あるものにするには、渋谷で見れる人だけ呼んでいても仕方がない。ちょうどその頃「日本でDJをしたいのだけれど、誰に話をすればいいかわからない」という相談を海外アーティストから受けるようになっていて、自分たちのパーティーにも海外アーティストの招致をはじめました。

海外アーティストの注目が日本に集まる背景には、ULTRA JAPANを筆頭に日本でも規模の大きいクラブ・ミュージックのフェスが増えてきていることが挙げられる。しかし、そこでTREKKIE TRAXが直面した問題がふたつある。ひとつ目はエージェントとの調整だ。「呼びたいアーティストと仲が良いから、日本に来てください」というだけでは実現が難しく、インディペンデントなレーベルだけで対応するのが難しい部分だ。

ふたつ目は、TREKKIE TRAXが開くパーティーの規模の限界が200人程度なので、呼べたとしてもペイできるアーティストが必然的に限られてしまうことだ。なので仲介役として大きなクラブにつなぎ、面白いアーティストを招致できたらと語ってくれた。

その一方で、兄弟名義でのSeimei & Taimeiの中国・韓国ツアーや、Masayoshi Iimoriのアメリカツアーなど、海外への進出にも力を入れている。そして3月15日には、音楽や映画、テクノロジーの祭典であるSXSWのJAPAN HOUSEにSeimeiが出演。パフォーマンスを終えたばかりのSeimeiから特別にコメントを貰った。

Seimei:
JAPAN HOUSEは日本のコンテンツを世界に紹介していくショーケースだったのですが、TREKKIE TRAXの「日本のエレクトロニックミュージックを世界に広げる」という趣旨と重なっていて、有意義な体験ができました。

2016年に入り、楽曲のリリースが海外メディアに定期的に取り上げられるようになったり、海外アーティストの楽曲をレーベルからリリースしたりと、新しい展開を見せるTREKKIE TRAX。記事後編では、ベスト盤に込めた思いや今の日本のクラブシーンが抱える課題、そして今後の展望まで話を掘り下げていく。

取材・文:岡田弘太郎

1994年生まれ。『SENSORS』や『greenz.jp』で執筆の他、複数の媒体で編集に携わる。慶應義塾大学在籍中で、大学ではデザイン思考を専攻。高校時代にDJをはじめ、「U20」への出演や「Sabaco Teenage Riot」の主宰を通じて、結成前のTREKKIE TRAXメンバーと知り合う。
写真:永田 大祐

最新記事