「日本のティーンの特性」をSXSW 2016で講演、吉田優華子が現地で感じた「Snapchat文化」の衝撃

2016.04.06 10:00

「日本におけるティーンのユーザー行動」(The User Behavior of Teens in Japan)と題して、SXSW 2016 JAPAN HOUSEで講演を行った吉田優華子さん。現在はドリコムで二つの新サービスを開発しながら、ミュージックプレイヤーのディレクターを務める。新卒二年目で子会社の社長になったユニークなキャリア、SXSWで感じたティーンの最新トレンド、そして今後目指すキャリアの道程について話を伺った。

吉田優華子さんは2013年新卒でドリコムに入社し、二年目には子会社「Ignom」の社長に就任。現在は新規サービスを複数開発中だ。(そのうちの一つ、物々交換ができるアプリ「Clip」のβ版が今年2月にローンチされた。)

吉田優華子:福岡県出身。25歳。よく使うアプリはInstagram、musical.ly、Tinder、Snapchat

先月テキサスにて行われた音楽・映画・インタラクティブの祭典「SXSW 2016」のJAPAN HOUSEでは、「日本のティーンのユーザー行動」に関する講演を行った。今回でSXSWへの参加が二回目だという彼女に、アメリカで感じたティーンの最新トレンドから話を伺っていく。

■「Snapchat」はリアルのコミュニケーション、「Instagram」はカタログ

SXSW 2016では日本におけるティーンのユーザー行動のうち、以下3つのユニークな特徴を挙げながら講演を行った。①ティーンの間ではGoogleやYahoo!といった検索エンジンではなく、TwitterやInstagramを通じて検索を行うことが主流になってきている。②平均で3〜4つのTwitterアカウントを併用し、親友や恋人など対象ごとに使い分ける人が多い。③スマートフォンがポータブルなTVとして用いられている。

日本のティーンの間で人気のあるアプリとして「MixChannel(ミックスチャンネル)」と「TwitCasting(ツイキャス)」を取り上げた。

ーーSXSWへの参加は今回が2回目ということですが、滞在中に最も印象的だったことを教えてください。

吉田:
去年はミュージックで、今年はインタラクティブに参加しました。たくさんの新しいスタートアップのサービスに触れることができて楽しかったのですが、何より衝撃を受けたのは「SnapChat文化」ですね。なるべく現地の人とたくさん触れ合おうと思い、Tinderなどで何人かのティーンの男の子たちとマッチングしたので飲みに行きました。コミュニケーションを取る中でも、すべて連絡手段がSnapChatだったんです。

ーー連絡手段そのものがですか?

吉田:
連絡手段はもちろん、とにかく写真を撮ったらすぐにSnapchatに上げる文化がかなり浸透していて、新鮮でした。実際にどういう使われ方をしているかというと、まず数秒の動画を撮ります。これにジオフィルター(その場所限定で使える特別なフィルター)をかけて、テキストを打って、ひたすらストーリーに追加していく。家に帰ってから、24時間以内にストーリーを見返しながら、厳選したもののみをインスタに上げる。なので、インスタは綺麗なもののみが寄せ集まった、いわば"カタログ"ですね。Snapchatはリアルタイムに小刻みにアップしていく使い方が主流。 日本のティーンではまだまだインスタが主流ですが、「アメリカは次に行ってるな」と肌で感じましたね。

ーー日本も今年はついにヒットしますかね?

吉田:
SnapchatもしくSnapchatライクなアプリが国産で出てくるかもしれないですね。SnapchatのUIは日本人には分かりにくい部分があるし、色もどぎつい印象があります。

■乗馬に目覚めた幼少期、中1でニュージランドへ、大学1年で起業の失敗

新卒から二年目にはドリコム子会社「Ignom」の社長に就任した経験を持つ彼女。実は18歳の大学1年生時にも一度起業をしたが、本人曰く「まったく上手くいかずに失敗してしまった」のだという。こうしたチャレンジ精神の端緒は、小学校を卒業してすぐニュージーランドに渡った10年以上前に遡る。

大分県の自然豊かな村でウェスタンスタイルの乗馬を行う吉田さん(写真右)

写真はニュージーランドから帰国し、乗馬に明け暮れていた15歳のとき。

吉田:
小学校低学年の頃に「ゼルダの伝説」というゲームにハマっていて、自分でも馬に乗ってみたいと思ったんです。そこで大分の自然に囲まれた山で短期生活を送ることになり、乗馬を始めました。そこで子供心に「将来は乗馬のインストラクターになりたい」と思ったのですが、現実的な父にこう諭されたんです。「それじゃ食べていけないよ。でもお金があれば馬に乗った自由な生活ができる」。そこで通訳や国際公認会計士のような職業を薦められ、そのためには英語が必要だと思い、小学校を卒業してすぐにニュージランドに留学しました。現地の学校に2年間通い、高校受験の歳に日本に帰国。福岡の高校を卒業して、大学で上京しました。

ーードリコムに入社するまでの大学時代の話を聞かせていただけますか?

吉田:
福岡から上京してきて、「なんでも挑戦したい」とやる気に満ち溢れていました。大学1年生の7月、自分の誕生日に起業したんです。その名も「株式会社アメリカンドリーム」(笑)父親に資本金を出してもらい、登記して会社を立ち上げたのですが、特に考えていたビジネスモデルもなかった。ボランティア団体や乗馬グッズの輸入販売、興味に任せて思いつくことをトライしていったのですが、どれもうまくいかなかったんです。結局、会社は休眠してしまいました。ドリコムでヒットサービスを成功させた後、もう一度リベンジしたいです。

■渋谷のクラブでティーンの声を聞く、将来は"アメリカンドリーム"に再び挑戦

冒頭でSXSW参加中、現地人とコミュニケーションを取るためにTinderを使っていたというフットワークの軽さに触れたが、彼女にとっては珍しいことではないのだとか。日本においても普段よりティーンから生の情報を得るため、渋谷や原宿に出かけて行っては声をかけユーザーインタビューを行っているという。

吉田:
ニュースメディアやSNSで流れているテキスト情報はあまり信用していなくて、ユーザーの"生情報"しか信じていません。例えば「10代の女の子が何を考えているか」といったアンケート記事も、絶対に真面目に答えていないと思うんです。だったら高校生や大学生に直接街で聞いた方が本当にリアルな声が聞こえる。SXSWで行った講演の内容も全てこうしたユーザーインタビューを通じて得られた結果の内容なんです。

ーーそういった情報収集はどこで行うのですか?

飲むのは得意じゃないが、クラブでは音楽を心臓でドクドクと聞くのが大好きなのだとか。

吉田:
普通にお昼に原宿のマックで女子高生に声をかけることもありますが、渋谷のクラブに頻繁に行ってますね。自分自身クラブで遊ぶのも大好きですが、ティーンとのネットワーキングの意図も強い。連絡先交換は基本的に年下としかしません。なので年齢層の高い六本木ではなく、渋谷を選んでいます。「今日は2時まで!」とか言いながら、だいたい3時まで遊んでいますね(笑)

ーー現在はドリコムでアプリディレクターをなされていますが、長期的なキャリアプランはどのように考えているんですか?

吉田:
アプリディレクターとして生きていく意識はないですね。先ほど小学校時代の話でも触れたのですが、今でも馬が大好きなんです。特にウェスタンスタイルの乗馬。カウボーイハットを被って、それこそテキサスの世界ですね。最終的には自分の綺麗な家を買って、週末は庭で馬に乗る生活がしたいです。そのためにいつか起業に再チャレンジしますが、その前にまずはドリコムで必ずサービスを大成功させたい。今まだ未発表の新規サービスが2つあるので、ぜひ期待してください。

「若い人の考えや行動にしか興味がない」と言い切る吉田優華子さんは、日本でもアメリカでもティーン達がいるコミュニティの中に自ら飛び込んでいく。実際のコミュニケーションを通じて得られたインサイトを元に、サービス開発を行う彼女が"アメリカンドリーム"を成功させる日はいつになるだろうか。

なお、4月10日にはSXSWでの石黒浩教授に密着した「アメリカ【SXSW】リポート II マツコロイド開発者・石黒浩の挑戦」を放送予定だ。

取材・文:長谷川リョー

SENSORS Senior Editor
1990年生まれ。『SENSORS』や『WIRED.jp』などで編集者/ライター。『PLANETS』では構成を行う。これまで『週刊プレイボーイ』『GQ JAPAN』WEBなどで執筆。東京大学大学院学際情報学府にてメディア論を研究。最近は「人工知能」にアンテナを張っています。将来の夢は馬主になることです。
Twitter:@_ryh

最新記事